ホーム > 松本地域振興局 > 各課のご案内 > 農政課 > 遊休農地対策について

ここから本文です。

更新日:2019年1月10日

松本地域振興局

遊休農地対策について

遊休農地は、病害虫の温床や野生獣の住処となり、ごみの不法投棄を招くなど近隣の営農に悪影響を及ぼすとともに、農村景観や生活環境の悪化につながります。

また、遊休農地の発生原因は、「高齢化・労働力不足」、「価格の低迷」、「農地の受け手がいない」等あげられており、地域ぐるみでこれら課題への対応をしながら、遊休農地を再生・活用していくことが求められます。

そこで、松本地域では、県が設定する遊休農地解消月間に合わせ、各市村ごとに農地パトロール等を行い、実態を把握するとともに、懇談会を開催するなど、遊休農地の再生に向けた取組を行っています。

また、平成21年3月、遊休農地の再生利用及び農地の有効利活用等を目的として、管内の関係行政機関、農業委員会、JA等で構成される松本地域耕作放棄地対策協議会を設立し、各地区ごとの再生利用実施計画を策定し、国の耕作放棄地再生利用緊急対策交付金を活用しながら、遊休農地再生の取組への支援を行っています。

耕作放棄地再生利用緊急対策交付金を活用した実証ほ実績

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県松本地域振興局農政課

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-40-1915

ファックス番号:0263-47-7822

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?