ホーム > 松本地域振興局 > 各課のご案内 > 農政課 > 米穀のとう精及び販売を行う事業者におけるHACCPに沿った衛生管理の制度化に関する対応について

ここから本文です。

更新日:2019年10月29日

松本地域振興局

米穀のとう精及び販売を行う事業者におけるHACCPに沿った衛生管理の制度化に関する対応について

平成30年6月13日に公布された食品衛生法等の一部を改正する法律において、原則としてすべての食品等事業者がHACCPに沿った衛生管理に取り組んでいくことが盛り込まれています。

このため、米穀のとう精(いわゆる精米)及び販売を行う農業者を含むすべての事業者についても、令和3年の制度化に向け、実施に向けた準備を進めていく必要があります。

つきましては、今後の対応について別添資料(PDF:60KB)のとおり整理しましたので御確認ください。

なお、別添資料に記載のとおり、長野県農政部農業技術課では、米穀のとう精及び販売を行う農業者等が、新たな経費負担を最小限として「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」に取り組むことができるよう、来年1月を目途に研修会の開催を予定しておりますので、是非ご参加ください(詳細は今後県庁ホームページにて公開予定です)。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県松本地域振興局農政課

担当者名:金子 大地

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-40-1916

内線:2415

ファックス番号:0263-47-7822

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?