ホーム > 松本地域振興局 > 各課のご案内 > 農政課 > エコファーマーについて

ここから本文です。

更新日:2019年1月10日

松本地域振興局

エコファーマーについて

エコファーマーの概要

エコファーマーとは、環境と調和のとれた「環境にやさしい農業」の実践を目指し、”たい肥等の有機物を利用したエコファーマー土づくり技術”と”化学肥料および化学合成農薬の使用を低減する技術”を一体的に導入した農業生産計画を作成して県知事の認定を受けた農業者をいいます。

認定期間は5年間です。

認定を受けるためには、下記の3つの技術区分に取り組む必要があります。

  • 有機質資材施用技術(土づくり技術)
    土壌診断結果に基づき、「たい肥」や「緑肥」など有機質資材を施用して土壌の性質を改善する取組み
  • 化学肥料低減技術
    動植物質を原料とした肥料の施用や、施用方法を工夫することで、化学的に合成された肥料の施用を減らす取組み
  • 化学合成農薬低減技術
    機械による除草や、生物農薬、抵抗性品種などを利用した病害虫防除により、化学合成農薬の使用を減らす取組み

それぞれの技術区分には、下表のとおり技術が定められています。

技術区分 技術内容

有機質資材施用技術

(土づくり技術)

たい肥等有機質資材施用技術・緑肥作物利用技術
化学肥料低減技術

局所施肥技術・肥効調節型肥料施用技術

有機質肥料施用技術

化学合成農薬低減技術

温湯種子消毒技術・機械除草技術・除草用動物利用技術

生物農薬利用技術・対抗植物利用技術

抵抗性品種栽培、台木利用技術・天然物質由来農薬利用技術

土壌還元消毒技術

熱利用土壌消毒技術・光利用技術

被覆栽培技術・フェロモン剤利用技術・マルチ栽培技術

 

認定を受けるためには、3つの技術区分から各1技術以上導入する必要があります。

※品目ごとに導入できる技術内容は異なります。

対象品目や技術内容の詳細などは、農業技術課のページをご覧ください。

 

申請について

今後5年間の取組み予定を記入した申請書を市町村農政担当課または地域振興局農政課へ提出してください。
なお、(1)土壌診断書、(2)圃場の位置がわかる地図、(3)肥料成分がわかる資料の3点を添付してください。

※肥料成分がわかる資料の例(N、P、Kの含有割合がわかるものを提出してください。)

  • 肥料が入っている袋の写真
  • インターネットの商品紹介ページやパンフレットのコピー など

 

再認定を申請する場合の留意事項

認定期間終了後再認定を申請する場合は、(1)これまでの取組み状況を記入した実施状況報告書と、(2)今後5年間の取組み予定を記入した申請書の提出が必要です。
再認定の場合、今まで導入している技術に加えて新たに1つ技術を導入する必要がありますが、技術を導入しなくても再認定できる場合があります。

詳細は地方事務所農政課へお問い合わせください。

 

様式など

 

 

 

 



Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県松本地域振興局農政課

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-40-1916

ファックス番号:0263-47-7822

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?