ホーム > 松本地域振興局 > 22年度手づくり農村応援隊活動報告(安曇野市)

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

松本地域振興局

22年度手づくり農村応援隊活動報告(安曇野市)

■農地・水・環境保全向上対策 ~ 自然石を使った農業用水路の改修 ~

 「上鳥羽地域農地・水環境保全会」 では、「農地・水・環境保全向上対策」を活用して、古くなった農業用水路を手づくり で石積み水路に改修する取組みを行っています。この取組みは本年度で4年目を向かえ、今回は 2日間かけて、総勢約50人(延べ人数)が参加し作業を行いました。

 ○ 実施主体 上鳥羽地域農地・水環境保全会

 ○ 場所 安曇野市豊科立石

 ○ 日時 平成22年10月24日(日)、31日(日) 9:00~16:00 

 ○ 参加者   約 50人(延べ人数)

   上鳥羽地域農地・水環境保全会の皆さん

 松本地方事務所農地整備課(手づくり農村応援隊 ) 

 

 ■作業の様子■

 作業前 完 成

  
 

 【作業の様子】

 ①準備 

  

 ・ケガが無いよう入念に準備体操を行いました。

 ②基礎工事

   
 

 ③石積み工事 
  

 

  

 ・石は「もっこ」と呼ばれるタンカのような物で運びます。重い物は70kg程度あります。

 ・石を積む作業は難しいため、熟練した石積職人さんが一つ一つ積み上げました。
 

 ④完成

  

 ・石積み水路の完成です。約50m間を2日間かけて改修し、きれいに仕上げる事が出来ました。

 ・空石積みで水路底は土のため、カニなどの生き物も暮らせます。

 ・気になる通水状況も問題無いようです。(総勢50名の汗と涙の結晶です。)

 

○ 感想

 昨年度に引続き、今回の作業で 約50mの見事な石積みの水路が完成しました。保全会、周辺

 住民の皆さん と一緒に汗を流し活動させていただいたことで、地域の農業との関わりを強く感じる

 ことができました。

 作業途中では「疲れた、大変だ」とあちらこちらで聞かれましたが、完成後には「疲れたけれど、作

 業してよかった」、「大変だったけれど、自ら汗を流して整備した水路だから愛着も沸いてくる」等とい

 う感想に変わっており、とても充実した気持ちで作業を終わらせることが出来ました。

 この水路が末永長く地域から愛され大切に使われていって欲しいと思います。 

 

 

 

[活動一覧へ戻る]

お問い合わせ

所属課室:長野県松本地域振興局農地整備課

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-40-1918

ファックス番号:0263-47-7823

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?