ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 「2018信州総文祭」郷土芸能部会の生徒代表の皆さんが、PRのため伊那市長を表敬訪問します(教学指導課全国高等学校総合文化祭推進室)

ここから本文です。

更新日:2018年2月20日

「2018信州総文祭」郷土芸能部会の生徒代表の皆さんが、PRのため伊那市長を表敬訪問します

長野県(教育委員会)プレスリリース 平成30年(2018年)2月20日

 

郷土芸能部会の生徒代表が、開催地である伊那市を訪れ、市長に第42回全国高等学校総合文化祭(2018信州総文祭)のPRおよび郷土芸能部門への支援をお願いします。

1 日 時

平成30年2月28日(水) 16:00~16:30

2 場 所

伊那市役所 市庁舎4階 市長応接室

3 訪問者

郷土芸能部会

 生徒部会部長 城倉 綸 さん(伊那北高等学校1年)

 部会長(辰野高等学校長) 宮原 明和

 事務局長(辰野高等学校教諭) 古厩 僚平

 総文祭担当教諭(伊那弥生ケ丘高等学校教諭) 広瀬 邦仁

 

参考

第42回全国高等学校総合文化祭(2018信州総文祭)

全国から各都道府県を代表する高校生が集結し、美術作品の展示や演劇・音楽の舞台発表などの芸術・文化を披露する高等学校の文化の祭典で、長野県では初めて開催される。

大会期間
 平成30年8月7日(火)~11日(土)
 ※郷土芸能部門は8日(水)~10日(金)

開催地
 県内17市町の文化施設等
  ※郷土芸能部門は、県伊那文化会館

郷土芸能部門とは

日本各地に伝わる祭り囃子、神楽、民謡などの「伝承芸能」と伝承曲・創作曲を含む「和太鼓」の2部門によるコンクール形式で行う。

全国から集まった高校生の力強い演技・演奏が披露され、各部門の上位2校は、8月末に国立劇場で行われる全国高等学校総合文化祭優秀校東京公演に推薦される。  

 

 

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

担当部署

第42回全国高等学校総合文化祭長野県実行委員会事務局

〔教学指導課全国高等学校総合文化祭推進室内〕

担当者 (事務局長)加藤 浩  (担当)近藤貴美枝
電話

026-235-7438(直通)

026-232-0111(代表) 内線4432

ファックス 026-235-7457 
メール sobunsai@pref.nagano.lg.jp

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?