ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 2018信州総文祭”シードペーパー・キャラバン”で使用する花の種がエクセラン高等学校から贈呈されます(教学指導課全国高等学校総合文化祭推進室)

ここから本文です。

更新日:2017年11月1日

2018信州総文祭”シードペーパー・キャラバン”で使用する花の種がエクセラン高等学校から贈呈されます

長野県(教育委員会)プレスリリース 平成29年(2017年)11月1日

 

平成30年8月開催の「第42回全国高等学校総合文化祭(2018信州総文祭)」の”シードペーパー・キャラバン”の実施にあたり、松本市のエクセラン高等学校から生徒実行委員会に花の種が贈呈されます。

生徒実行委員が花の種を再生紙に漉き込み、本大会で来県する高校生に配布します。

 

1 日時及び場所

平成29年11月8日(水) 16:00~16:30  エクセラン高等学校会議室 

 

2 出席者(敬称略)

【エクセラン高校】

園芸農業コース3年生 中村 昌輝 ほか生徒22名

安藤 善二 学校長

【2018信州総文祭】

石川 彩楠(松本美須々ケ丘高等学校2年・生徒実行委員会副委員長)

柴野 遼雅(豊科高等学校2年・生徒実行委員)

第42回全国高等学校総合文化祭長野県実行委員会事務局員

 

3 内容

エクセラン高等学校から2018信州総文祭生徒実行委員会へ花の種の贈呈

 

【参考】シードペーパーについて

花の種を漉き込んだ紙で、一晩水につけて土に置くと発芽する。

2018信州総文祭では、回収した牛乳パックを利用し、長野県産の種を使って生徒実行委員等が手作りする。

大会テーマのうちの「種を拡げて」を具体的に表現し、高校生の大切にしたい思い(信州(ここ)で出会おう・未来を創ろう・僕らの情熱で)を種に乗せて全国に拡げようとするもの。

 

 

 

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

担当部署

第42回全国高等学校総合文化祭実行委員会事務局

(教学指導課全国高等学校総合文化祭推進室内)

担当者 (事務局長)加藤 浩  (担当)横内 佳代
電話

026-235-7440(直通)

026-232-0111(代表) 内線4406

ファックス 026-235-7457
メール sobunsai@pref.nagano.lg.jp

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?