ホーム > メールマガジン教育ながの > 平成16年度 > メールマガジン教育ながの/vol.508

ここから本文です。

更新日:2018年1月31日

メールマガジン教育ながの/vol.508

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

      ★☆ 教育ながの  Vol.508 ☆★

長野県教育委員会メールマガジン

−平成17年(2005年)4月号−

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 2005/3/22発行◆◇

  ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
■□┃H┃E┃A┃D┃−┃L┃I┃N┃E┃ ■□■□■□■□■□
  ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛

 ●ひろば
  ○SO冬季世界大会と子どもたち
   (黒田昌子氏:スペシャルオリンピックス教育リエゾン)

 ●特集 
  ○感動を残して−スペシャルオリンピックス冬季世界大会閉幕

 ●おしらせ
  ○平成17年度教育委員会当初予算について
  ○人権教育指導の手引き
  ○長野県立歴史館「民話データベース」
  ○長野県の遺跡発掘2004    ほか

 ●学校HP自慢
  ○長野市立鍋屋田小学校

●ご存知でしたか
  ○自律教育シリーズ第2集
   「みんなで支援みんなが笑顔−こんなときどうするの?」 

 ┏━━━━━━┓
★ ★┃ ひ ろ ば ┃ ★…★…★…★…★…★…★…★…★…★…★
  ┗━━━━━━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ★☆★ SO冬季世界大会と子どもたち ★☆★ 

スペシャルオリンピックス教育リエゾン 黒田昌子氏 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 各競技会場に行った折、本当に多くの学校の児童生徒に出会うことが
できました。スペシャルオリンピックス(SO)を知り、会場にそれぞれ
の趣向を凝らした応援グッズを持って、寒いながらも一生懸命応援して
くれる姿にうれしくなりました。「さっき、スノーシューで転んだけれ
ど思い切り応援していたら、アスリートは最後までがんばったよ。」
「表彰台、本当に8位まであるんだね。アスリートはみんなうれしそう
だね。」
 また、私の引率している海外のアスリートとそこで交流をして、「ど
こから来たの、普段は何の競技をやっているの?どんな友達なの?学校
で選ばれたの?」そんな会話が聞けたのは、やはり学習をやっていたか
らかなと思いました。
 多くの学校が、ホストタウン・トーチラン・応援と大会を体感でき、
アスリートと一緒になって活動できたことに感謝いたします。
これからも身近にいるアスリートたちに暖かいまなざしを向けていただ
きたいと思います。自律クラスの方々、学校の近くにある施設や作業所
の方々、そしてSO日本・長野のアスリートとともに会話をしたり、一緒
に遊んだり、スポーツをしたり肩肘を張らない「人はみんな認め合う意
義のある価値を持っている」ということをこれからも大切にしていって
ほしいと思います。SOでは、ユニファイドパートナーという知的発達障
害者と共にスポーツを楽しめる機会があります。是非多くの方が参加し
てほしいと思います。

※競技会場での子どもたち(黒田昌子氏撮影)
http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/kouhou/508_01.htm

≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡ ≡≡
<黒田昌子(くろだ・まさこ)氏略歴>
 スペシャルオリンピックス教育リエゾン。他2名の教育リエゾンと共
に、依頼のあった学校へ実際に出かけ、知的発達障害の理解促進のため
の授業を実践。大会中に開催された「グローバル・ユース・フォーラム
」に参加した日本代表校を指導。教育リエゾンが訪問した学校は小中高
合わせて94校。

   ┏━━━━━━┓
★ ★┃ 特  集 ┃ ★…★…★…★…★…★…★…★…★…★…★
   ┗━━━━━━┛
--------------------------------------------------◇◆◇◆◇---
 ●○ 感動を残して−
     スペシャルオリンピックス冬季世界大会・閉幕 ●○
---------------------------------------------------------------
 2月26日に開幕したスペシャルオリンピックス(SO)冬季世界大会は
私たちに大きな感動を残し3月5日に閉幕しました。そして、長野は、オ
リンピック、パラリンピックそしてスペシャルオリンピックスの三つの
オリンピック開催した世界初の地域となりました。
 
 平成16年5月に県教育委員会が県内の公立学校に実施したアンケート
では、この世界大会へ何らかの参加を予定している学校は1割にも満た
ない状況でした。それから9ヶ月、大会直前のアンケートでは7割を超
える学校から参加を予定しているとの回答をいただきました。大会のプ
ログラムが始まると、県内各地で子どもたちが大活躍でした。アートフ
ラッグを作成し、トーチランへ声援を送り、ホストタウンプログラムに
参加し、アスリートと交流し、競技を観戦しました。

☆大会の概要
 ○参加国・地域数 84 
 ○選手団 2,575人(アスリート1,829人 コーチ746人)
 ○一般参加者 204,250人  ○ボランティア 11,000人 
 ○聖火リレー観客数 約56,000人 ○アートフラッグ 2,181枚
 ○授与されたメダル・リボン数
  金メダル 925 銀メダル 872 銅メダル 746 リボン 1,200

 2月27日には県庁講堂で「グローバル・ユース・フォーラム」が開催
されました。世界各地の代表14チームと日本国内の児童生徒14チームが
「Changing Attitudes - Changing The World(考え方を変える−世界
を変える)」をテーマに討論を行い約400名が聴講しました。
 この国内代表14チームは全て長野県の児童生徒です。

■ 参加校についてはこちらをご覧ください。
  http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/kouhou/506.htm

 また、グローバル・ユース・サミットとフォーラムを担当したスペシ
ャルオリンピックス国際本部(SOI)のロン・ヴェダーマン氏から長野
県の学校へのメッセージをいただきました。

┌────────────────────────────────
│Message for schools
│ I would like to congratulate the students from the Nagano
│ Prefecture schools for their leadership roles in bringing
│ about greater awareness, understanding and respect for the
│ the athletes of Special Olympics throughout your country.
│ Through your actions with the School Enrichment Program,
│ Art Posters, 5 Million Person Torch Run, Host Town Programs
│ and coming out to cheer on the athletes you have indeed
│ fulfilled our message of "Changing Attitudes-Changing the
│ World". All the best to you as you take the lessons and
│ experiences learned this past year and spread the message
│ of inspiration for the Special Olympics athletes to your
│ family, friends and community.  
│                               
│          Ron Vederman, Ed.D.          
│          Director of Athlete Recruitment,   
│          School & Youth Outreach Special Olympics
│                             

│ 長野県の児童生徒たちが、日本中のスペシャルオリンピックスア
│スリートに対し大きな関心と理解、そして尊敬の気持ちを持つよう
│導いてくれたリーダーシップに対して心から賞賛を贈りたいと思い
│ます。学校教育プログラム、アートフラッグ、500万人トーチラン
│ホストタウンプログラム、そしてアスリートを応援に来てくださっ
│たことなど、皆さんは、我々のテーマである「考え方を変える−世
│界を変える」を実行してくださいました。           
│ 皆さんが、学ばれた教訓や経験したことを、家族、友人、地域の
│人たちと共有しSOアスリートへの一層の理解を広めていただきます
│ようお願いします。                     

│              ロン・ヴェダーマン
│                            
└────────────────────────────────

各競技会場等を飾ったアートフラッグ。その中から、長野市立南部小
学校5年3組、四賀村立五常小学校4年生、白馬村放課後児童クラブの子
どもたちが製作した3点がSOIへ寄贈されました。
 若里文化ホールで寄贈式が行われ、製作した子どもたちからSO創始者
のユニス・K・シュライバーさんへアートフラッグが手渡されました。

 世界大会を契機に行われた様々な取り組みを、これからの学校や地域
における知的発達障害の理解促進に役立てていただきたいと思います。


■ お問い合わせ
  教育振興課 教育改革推進係
  電話 026-235-7423 FAX 026-235-7487
e-mail kyoiku@pref.nagano.jp

   ┏━━━━━━┓
★ ★┃ お知らせ ┃★…★…★…★…★…★…★…★…★…★…★
   ┗━━━━━━┛
--------------------------------------------------◇◆◇◆◇---
 ●○県立歴史館「信州の民話データベース」が完成しました
---------------------------------------------------------------
 長野県教育委員会では、全国でも稀にみる民話の宝庫と言われる信州
の民話をデジタル化し、後の世代に受け継ぐことが出来るよう、平成13
年度から「信州の民話データベース化事業」を実施してきました。 デ
ータベースの構築にあたっては、『長野県史』民俗編や県内の各教育委
員会等でまとめた民話集などに収載された民話・伝承を可能なかぎりそ
の本文を収載しました。

 このたび、試行版として県立歴史館のホームページでデータベースを
公開しました。ご利用いただいた上で、ここはこうしたほうが良いとい
ったご意見やご感想をお寄せください。今後より良いデータベースにし
ていきたいと考えています。

■ 信州の民話データベース http://db.npmh.net/

■ お問い合わせ
  県立歴史館総合情報課(〒387-0007 千曲市屋代260-6)
  電話 026-274-3991 FAX 026-274-3996
  e-mail  mail@npmh.net

--------------------------------------------------◇◆◇◆◇---
 ●○長野県埋蔵文化財センター速報展
        −長野県の遺跡発掘2004−
---------------------------------------------------------------
 平成16(2004)年度に県内各地の遺跡を発掘調査した成果として、
発見されたばかりの土器や石器などの出土品を展示します。
 また、整理作業の中で明らかになった遺跡の成果や報告書刊行に向け
整理中の資料も多数展示しております。
 この機会にぜひご覧ください。

 ◎県立歴史館での展示
  ◇ 開催期間:平成17年3月19日(土)〜5月8日(日)
  ◇ 遺跡調査報告会・講演会:平成17年4月10日(日)
               (聴講無料)
■ お問い合わせ
  県立歴史館総合情報課(〒387-0007 千曲市屋代260-6)
  電話 026-274-3991  FAX 026-274-3996
  e-mail mail@npmh.net

■ ホームページ
  http://www.npmh.net/
---------------------------------------------------◇◆◇◆◇---
 ●○人権教育資料 
  「人権教育リーフレット」「人権教育だより」「人権つうしん」
----------------------------------------------------------------
 人権教育資料について、県教育委員会ホームページに掲載しましたの
で、御活用ください。

■ 人権教育リーフレット「語り合い 気づこう 人権」
  http://www.pref.nagano.jp/kyouiku/jinken/jinken43.htm
■ 人権教育だより 第68号
  http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/jouhou/human/tayori/68/68.htm
■ 人権つうしん 第31号
  http://www.pref.nagano.jp/kyouiku/jinken/jinken51.htm
■このほか様々な人権教育資料を県教育委員会のホームページ上で 
  公開しています。是非、活用してください。
  http://www.pref.nagano.jp/kyouiku/jinken/kasyokai.htm

■ お問い合わせ
 【学校人権教育に関すること】
   教学指導課 義務教育指導係
  電話 026-235-7434 FAX 026-235-7495
e-mail kyougaku@pref.nagano.jp

 【社会人権教育に関すること】
    文化財・生涯学習課 社会・人権教育係
    電話 026-235-7437 FAX 026-235-7493
 e-mail bunshou@pref.nagano.jp

--------------------------------------------------◇◆◇◆◇---
 ●○ 平成17年度組織改正について
---------------------------------------------------------------
 4月1日から県教育委員会事務局内の組織を次のとおり改正します。

◆ 「体育課」を「スポーツ課」に改称します

◆ 係、ユニットの新設・改称をします。
  ☆高校教育課 「高校改革プラン推進ユニット」新設
  ☆教学指導課 「学校連携ユニット」新設
  ☆保健厚生課 「学校保健係」→「保健・安全ユニット」に改称
   ☆こども支援課「こどもの権利支援ユニット」新設
  
   ※上記以外の「係」を「ユニット」に改称します。

■ お問い合わせ
  教育振興課 教育振興係
  電話 026-235-7421  FAX 026-235-7487
e-mail kyoiku@pref.nagano.jp

〇あわせて、体育課のメールアドレスが変更となりますので
  アドレス帳の修正をお願いします。

 (現行)   taiiku@pref.nagano.jp
           ↓
(4月1日以降)sports-ka@pref.nagano.jp

■ お問い合わせ
  体育課 管理係
  電話 026-235-7447 FAX 026-235-7476

---------------------------------------------------------------
■ 11月14日に開催した「教育講演会−オランダの教育事情を中心に−」
(リヒテルズ直子氏)の講演録をホームページに掲載しました
http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/topic/kouen041104.htm
---------------------------------------------------------------
■ 第22回教員評価検討委員会が開催され「新しい教員評価制度最終
報告(案)」が示されました。
http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/shingikai/hyouka/no22/moku22.htm
---------------------------------------------------------------
■ 公立高校入学者選抜後期選抜に係る学力検査問題(問題冊子及び
解答用紙)正答・正答例及び評価基準
http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/jouhou/gakkou/gakken/index17.htm
---------------------------------------------------------------
■ 個性豊かな作品をみんなに!2005−盲・ろう・養護学校の児童
生徒が描いた作品を壁紙にしてみませんか−
http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/jouhou/gakkou/jiritsu/kabe.htm
---------------------------------------------------------------
■ 2005長野・サヴォア高校生交流事業について
http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/jouhou/gakkou/savoie/index.htm
---------------------------------------------------------------
■ 平成16年度「高校生“学び”創生プロジェクト事業」実施校一覧
http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/jouhou/gakkou/manabi.htm
---------------------------------------------------------------
■ 第825回長野県教育委員会定例会を開催しました
http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/teireikai/825/825.htm
---------------------------------------------------------------
■ 第13回高等学校改革プラン検討委員会を開催しました
http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/shingikai/kaikakup/no13/moku13.htm
---------------------------------------------------------------
■ 平成17年度教職員人事異動をホームページに掲載します
 第1次発表(3月22日16時発表予定。発表後掲載します。)
http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/jouhou/idou/idou1.htm
 第2次発表(3月24日10時30分発表予定。発表後掲載します。)
http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/jouhou/idou/idou2.htm

----------------------------------------------------------★☆--
  ┏━━━━━━┓
★ ★┃学校HP紹介┃ ★…★…★…★…★…★…★…★…★…★…★
  ┗━━━━━━┛
  ★☆★ 咲かせよう一世紀の花 伝えよう白梅の歴史 ★☆★  
          
                  長野市立鍋屋田小学校
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 高層ビルの立ち並ぶ長野市街地の真ん中に、長野市立鍋屋田小学校は
あります。明治37年に設立され平成16年に創立100周年を迎えました。
 同校には、校章にもなっている白梅をはじめ、100種類以上の樹木が
植えられています。季節の花が咲き、昆虫が飛び交い、近くの川では蛍
の観察もできます。そんな市街地の学校とは思えない自然豊かな学校の
様子が子どもたちの笑顔と一緒にホームページに掲載されています。

 同校では、保護者、地域の方、そして子どもたちへの情報発信手段と
して、ホームページの充実を心掛けているとのことで、明るく親しみや
すいページデザインを用い、写真を効果的かつ豊富に使用して学校の様
子・雰囲気を伝えています。
 また、人気コーナー「大代歳時記」では、日々の出来事や学校周辺の
様子が写真とともに掲載されています。平成15年10月からほぼ毎日更新
され貴重なデジタルアルバムとなっています。

■ 長野市立鍋屋田小学校ホームページ
 http://www.nagano-ngn.ed.jp/nabeyajs/

----------------------------------------------------------------
■「学校ホームページ紹介」はこちらへ
 ※タイトルを「学校ホームページ紹介」としてメールを送信してく
   ださい。
   教育振興課 e-mai kyoiku@pref.nagano.jp
---------------------------------------------------------------

  ┏━━━━━━━━┓
★ ★┃ ご存知でしたか ┃★…★…★…★…★…★…★…★…★…★
  ┗━━━━━━━━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★☆★ 自律教育シリーズ第2集 自律教育校内支援体制の手引
  「みんなで支援みんなが笑顔 こんなときどうする?」 ★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 昨年度刊行し、県内外の皆様から好評だった自律教育シリーズ第1集
自律教育校内支援体制の手引「みんなで支援みんなが笑顔」の続編が今
年2月に刊行されました。
 LD・ADHD・高機能自閉症等は、今まで考えられていたよりずっ
と身近なものであることがわかってきました。教室の中で勉強や運動、
集団活動等に「困っている子」は意外と多いのです。こういったお子さ
んたちの状態に気づくこと、気づいたら教員がチームで対応できるよう
にすることなど校内支援体制構築の第一歩について述べたのが第1集で
した。

 校内支援をスタートしたところで生まれた「こんな時、あんな時にど
うすればいいの?」という多くの疑問に、Q&A形式で豊富な事例を用
いて解説したのが、今回の第2集です。知りたいことの載っているペー
ジが検索しやすいように「キーワード目次」と「状況・学校種目次」を
工夫しています。

 困った時にすぐ役立つ。これが「みんなで支援みんなが笑顔 こんな
ときどうする?」です。
 なお、本書は書店では取り扱っておりません、下記アドレスよりダウ
ンロードしてご利用ください。

■ 自律教育シリーズ第2集 自律教育校内支援体制の手引
  「みんなで支援みんなが笑顔 こんなときどうするの?」
http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/jouhou/gakkou/jiritsu/jiritsu2/index.htm

■ お問い合わせ
  自律教育課 指導係
  電話 026-235-7456 FAX 026-235-7459
  e-mail jiritsu@pref.nagano.jp

          
★☆★あとがき★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「教育ながの」4月号をお届けします。
 三寒四温(冬の季語ですが3月の長野県にぴったりの表現と思いませ
んか。)日々春の気配が濃くなってきました。定番ですが、春は別れと
出会いの季節。このメルマガが到着する頃には、県内のほとんどの学校
で卒業式が終了しています。先日、全国紙のコラムに「卒業式に何を歌
いますか」という調査結果が掲載されていました。1位は「旅立ちの日
に」という曲でした。恥ずかしながら、私の知らない曲でした。皆さん
はご存じでしょうか。私にとって卒業式の歌は、やはり「蛍の光」であ
り「仰げば尊し」なのです。 (ゆ)
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

■ ご意見、ご要望、送信先の変更などは次のアドレスへお願いします。
   e-mail  kyoiku@pref.nagano.jp
■ 編集/発行
  長野県教育委員会事務局 教育振興課
  TEL:026−235−7423 Fax:026−235−7487
  長野県教育委員会ホームページ  http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/
長野県ホームページ http://www.pref.nagano.jp/index.htm

▲△▲△▲△▲△▲△▲△ 教育ながの vol.508  ▲△▲△▲△▲

お問い合わせ

所属課室:長野県教育委員会事務局教育政策課

長野県長野市大字南長野字幅下692-2

電話番号:026-235-7421

ファックス番号:026-235-7487

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?