ホーム > メールマガジン教育ながの > 平成16年度 > メールマガジン教育ながの/vol.501

ここから本文です。

更新日:2018年1月31日

メールマガジン教育ながの/vol.501

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

      ★☆ 教育ながの  Vol.501 ☆★

長野県教育委員会メールマガジン

−平成16年(2004年)9月号−

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 2004/8/20発行◆◇

  ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
■□┃H┃E┃A┃D┃−┃L┃I┃N┃E┃ ■□■□■□■□■□
  ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛

 ●ひろば
  ○巻頭言
     長野県教育委員会事務局 義務教育課長 野池明登
 ●お知らせ
  ○県立歴史館秋季企画展  など
 ●SO NEWS
  ○「国際トーチラン」県内の日程  など
 ●学校HP自慢
  ○長野県屋代高等学校 
   〜ナンバーワンでオンリーワンをめざします〜
●ご存知でしたか
  ○県立図書館個人宅配
 ●あとがき

 ┏━━━━━━┓
★ ★┃ ひ ろ ば ┃ ★…★…★…★…★…★…★…★…★…★…★
  ┗━━━━━━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 巻頭言 ★☆★ 

 長野県教育委員会事務局 義務教育課長 野池 明登 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 夏休みも終わり、学校に再び子どもたちの元気な声が戻ってくる季節
になりました。真夏の太陽を全身に浴びて、子どもたちは冒険や失敗の
中から、勇気や優しさ、我慢や悔し涙などいろいろな宝物を手に入れた
ことでしょう。身体の成長のように目には見えませんが、日焼けした顔
や瞳の輝きを見ると、一人ひとりの心の成長を実感します。

 一方、この夏休みにも、大変痛ましい事故が起きてしまいました。交
通ルールを守っていても事故に巻き込まれてしまう不条理を、純真な子
どもたちにどのような言葉で説明するのか。それならば、「ルール」と
は一体何なのか。子どもは大人社会を鏡として育ちます。信じられない
ような事件が当たり前のように続く今日、我々一人ひとりが、時代や国
境を超えた絶対的価値であるべき「正義」について、見つめ直す必要が
あるかもしれません。

 ところで、県教育委員会では、お年寄りがいつもそばにいる学校づく
りをお手伝いできないか検討しております。特別な知識や技術がなくて
も、ごくごく普通のおじいちゃん、おばあちゃんがいつもそばにいる。
そんな小・中学校が全国にはいくつもあります。職員がチームを組んで、
福岡県や三重県、東京都などの学校を見てきましたが、そこには、ドリ
ルのまる付け、授業のサポート、読み聞かせやクラブ活動、何気ない話
し相手など多様な関わりを通して、子どもたちから元気をもらい生き生
きと活動するお年寄りの姿と、お年寄りの無条件のやさしさに包まれて
心を開く子どもたちの姿がありました。
 「そんな学校を実は考えていたんだよ。」そんな市町村や学校、地域
の皆様、是非声をお寄せください。お待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┏━━━━━━┓
★★┃ お知らせ ┃ ★…★…★…★…★…★…★…★…★…★…★
  ┗━━━━━━┛
---------------------------------------------------◇◆◇◆◇
●○ 県立歴史館秋季企画展
  「中世信濃武士意外伝―義仲から幸村まで―」 ●○
------------------------------------------------------------
 木曽で育った木曽義仲は、平家の大軍を打ち破って京にのぼりました。
「朝日将軍」と呼ばれ、短い期間でしたが征夷大将軍となりました。こ
の義仲を支えたのは、海野・根井・望月などの信濃武士団でした。この
ほか、信濃国から飛び出して活躍した信濃武士の意外な姿を紹介します。

■期間
 平成16年10月2日(土)から11月14日(日)まで
  (10/4・12・18・25、11/1・4・8日は休館します。)

■場所 県立歴史館(千曲市)

■主な展示品
  「木曽義仲合戦図屏風」国立歴史民俗博物館蔵
  「伝源頼朝画像」(模本)文化庁蔵
  「蒙古襲来絵詞」(模本)東京国立博物館蔵
  「上杉家文書」(国宝)米沢市上杉博物館蔵
  「大坂夏之陣図屏風」(複製)大阪城天守閣資料館蔵 など、国宝
   2点・  重文11点・県宝5点を含む計97点を展示。

■展示解説 10/3・10・31、11/7・14日

■講演会 10月17日(日)「本能寺の変と信州」
     10月24日(日)「肖像画を読み解く」
     11月 3日(水)「信濃の武士の風貌」
      ※ いずれも聴講無料、申込不要

■歴史館セミナー講演会
  10月17日(日)午後1時半〜 「戦国時代の騎馬軍団と戦争」
      ※ 聴講無料、申込不要

■お問い合わせ
  長野県立歴史館(千曲市屋代260−6)
   電 話 026-274-2000
   FAX 026-274-3996 
   Eメール mail@npmh.net

■県立歴史館ホームページ
 http://www.npmh.net/

---------------------------------------------------◇◆◇◆◇
●○「親子体験学習」を新設しました●○
●○教職員研修の講座のうち「特別企画講演」を公開します●○
-------------------------------------------------------------
 総合教育センターでは、県民の皆さんに親しまれる施設であることを
目指して、専門主事による「親子体験学習」の新設や、現代的な教育課
題に焦点をあてた教職員向けの「特別企画講演」の公開を企画し、参加
者を募集しています。
 また、8月28日(土)には、総合教育センター施設の「一般開放」
も行います。
 施設の「一般開放」には定員はございませんが、「親子体験学習」及
び「特別企画講演」には定員がございますのでご留意願います。
 申し込み方法等の詳細については、総合教育センターにお問い合わせ
いただくか、下記ホームページをご覧ください。

■お問い合わせ
  長野県総合教育センター(塩尻市大字片丘字南唐沢6342-4)
  TEL 0263-53-8800
  FAX 0263-51-1290
  Eメール eductr@nagano-c.ed.jp

■ホームページ
 「一般開放」
 http://www.edu-ctr.pref.nagano.jp/annai/kaihou/h16_kihou/kaihou.htm
 「親子体験学習」及び「特別企画講演」
 http://www.edu-ctr.pref.nagano.jp/kensyu/shinki_kouza/oyako.htm

--------------------------------------------------◇◆◇◆◇---
●○チャレンジ!!サイエンスパーク2004を開催します●○
---------------------------------------------------------------
 子どもたちが科学の楽しさを体験し、知ることの喜びや創造性を
育む機会を提供する、遊びと体験のひろばを開催します。どきどき、
わくわくする科学実験やものづくりのコーナーをたくさん用意して、
皆様のお越しをお待ちしております。

■日時  平成16年9月11日(土)
      10:00〜16:00

■場所  長野県立駒場公園、長野県佐久創造館(佐久市猿久保55)
☆ 駒場公園の地図・案内はこちら
 http://www.city.saku.nagano.jp/shisetu/sports_koen/komaba/komaba.htm
■内容 (1)科学実験・創作体験ブース
    (2)サイエンス・ステージ・ショー
    (3)ロボコン教室発表
    (4)長野県学生科学展入賞者による発表

■入場料 無料

■ホームページ
「チャレンジ!サイエンスパーク2004」
 http://www.pref.nagano.jp/kyouiku/kodomos/science/

■お問い合わせ
  チャレンジ!!サイエンスパーク実行委員会事務局
  (長野県教育委員会こども支援課)
   電話  026-235-7451
   FAX 026-235-7098
   E-mail kodomo-shien@pref.nagano.jp

-------------------------------------------------◇◆◇◆◇---
●○NHK放送文化研究所の清川輝基さんの講演会が開催されます●○
-------------------------------------------------------------
■日時 9月11日(土) 午後1時30分〜3時30分
       
■場所 県勤労者福祉センター ホール

■演題「人間になれない子どもたち〜メディア漬けと子どもの危機〜」

■参加費 無料 

■託児 15名まで (事前予約が必要 託児料500円)

■主催 NPO法人ながのこどもの城いきいきプロジェクト
     長野市医師会
  共催 長野県教育委員会(こども支援課)

■お問い合わせ
  NPO法人ながのこどもの城いきいきプロジェクト(寺澤)
  電話・FAX 026-225-5467
----------------------------------◇◆◇◆◇-------------------
●○高等学校改革プラン地域懇談会を開催します。大勢の皆さんのご参
加をお待ちしています。
 なお、詳細については決まりしだいお知らせします。(PDF形式)
 http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/shingikai/kaikakup/si07_04.pdf
---------------------------------------------------------------
●○平成17年度長野県立高等学校実習助手を募集しています。
 http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/jouhou/gakkou/jissyu/jissyu.htm
--------------------------------------------------------------
●○平成17年度 長野県盲学校理療科教員を募集しています。
 http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/jouhou/gakkou/rsaiyou.htm#hito
--------------------------------------------------------------
●○平成17年度 長野県盲・ろう・養護学校寄宿舎指導員を募集して
います。
 http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/jouhou/gakkou/ksaiyou.htm
--------------------------------------------------------------
●○平成17年度 長野県立高等学校入学者選抜要綱
 http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/jouhou/gakkou/youkou17/youkou.htm
--------------------------------------------------------------
●○平成17年度 私立高等学校入学者選抜要綱 (PDF形式)
 http://www.pref.nagano.jp/kyouiku/shigaku/17senbatsu.pdf
--------------------------------------------------------------
●○第817回教育委員会定例会を開催しました
 http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/teireikai/817/817.htm
--------------------------------------------------------------
●○第14回教員評価検討委員会を開催しました。
 http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/shingikai/hyouka/no14/moku14.htm
--------------------------------------------------------------
●○第19回中学校運動部活動「長野モデル」検討委員会を開催し
ました。
 http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/shingikai/bukatu/no19/moku19.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ┏━━━━━━━━━┓
★★┃SO NEWS(3)┃ ★…★…★…★…★…★…★…★…★…
  ┗━━━━━━━━━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 「国際法執行者トーチラン」の日程が決定しました ★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔国際法執行者トーチランとは〕
 1981年、アメリカカンサス州の小さな町の警察署から、スペシャルオ
リンピックスの象徴とも言えるイベントが生まれました。国際法執行者
トーチラン。オリンピックの聖火リレーに当たるこのトーチランはやが
て、警察官だけではなく、消防士や森林警備隊などの法執行者の参加を
呼びかけ、国際法執行者トーチラン評議会という独立した組織をつくり、
スペシャルオリンピックスの理念を多くの人々に伝えています。
 
 国際法執行者トーチランの聖火は「希望の火」と呼ばれ、オリンピッ
クやパラリンピックと同じように、ギリシャのアテネで採火されます。
採火された「希望の火」は世界各国から選ばれたSOアスリートの手によ
って運ばれます。そして同じく海外から来た数十名の法執行者たちが、
SOアスリートを守りながら隊列を組んで伴走し、「希望の火」を開会式
会場に運びます。

 「希望の火」は、日本国内で独自に実施される500万人トーチランの
火(絆の火)と一緒になり(合体式〜2月19日、松本城で開催されます)、
長野県内を2つのルートに別れて一広域、一日のスケジュールで開会式
会場に運ばれます。

〔国際法執行者トーチランの県内日程〕
 2月19日 合体式
 2月20日 松本地域(2ルート)
 2月21日 北ルート:大北地域 南ルート:木曽地域
 2月22日 北ルート:北信地域 南ルート:飯伊地域
 2月23日 北ルート:佐久地域 南ルート:上伊那地域
 2月24日 北ルート:上小地域 南ルート:諏訪地域
 2月25日 長野地域(2ルート)

※各地で式典や交流会が行われます。
 ブラスバンドなど児童・生徒の皆さんの参加も大歓迎です。


■お問い合わせ
  2005年スペシャルオリンピックス冬季世界大会・長野
  式典部
TEL026-277-2005(代表) FAX026-223-4884
 http://www.2005sowwg.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ −スペシャルオリンピックスを契機として−
    知的障害の理解と共生をめざす研修会を開催します ★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 スペシャルオリンピックス(SO)冬季世界大会及び大会に参加する
アスリートに対する児童・生徒の理解を深める「共に生きる心」を醸成
するための指導内容や指導法について研修を行い、知的障害の理解促進
と共生社会の実現に資するため研修会を開催します。
 
☆期日・対象 9月1日(水)小学校の教職員
       9月6日(月)中・高等学校の教職員

   ※実践事例の紹介の内容にあわせて9月1日は小学校の教職員、
   9月6日は中高等学校教職員を対象としていますが、どちらの日
   を希望されても結構です。

☆研修内容  
 【午前】
   ○2005年SO冬季世界大会の意義について
   ○SOに参加するアスリートへの理解と学習について
 【午後】
   ○知的障害に関する基礎知識と普通学級における共生のあり方
   ○学校での実践事例紹介と各学校での今後の取組について 

☆会 場  総合教育センター

☆参加申込 学校を通じて8月25日(水)までにお申し込みください。

■お問い合わせ
  教学指導課 義務教育指導係
  電話 026-235-7434  FAX 026-235-7495
   e-mail kyougaku@pref.nagano.jp

  ┏━━━━━━┓
★★ ┃学校HP紹介┃ ★…★…★…★…★…★…★…★…★…★…★
  ┗━━━━━━┛
   ★☆★ ナンバーワンでオンリーワンをめざします ★☆★

                     長野県屋代高等学校
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 いにしえの頃より文化発祥の地であった屋代の地に建つ屋代高校は、
常に先取りの志にあふれ、かつ質実剛健の校訓のもと骨太で気丈な生徒
諸氏を輩出してきました。
 特に理数教育に関しては県下でもパイオニア的な地位を今まで保ち、
県下初の理数科設置、文部科学省から全国で約70校指定されている先
端的理数教育開発校(SSH)のひとつであることなど枚挙にいとまが
ありません。
 また、名実ともに「文武両道」の学校です。国公立大学合格者数も、
インターハイ出場者数も長野県下トップクラスです。ホームページでは、
そんなひたむきにがんばる生徒諸君の様子が生き生きと紹介されていま
す。
 卒業生は、自分の母校のことを”屋校、魂のふるさと”と愛着を持っ
て呼んでいますが、高校3年間で培ったものが一生の宝物になるのには
どんな秘密があるのか? それはホームページで発見できるかもしれま
せん。
 ホームページは、卒業生にも、現役生にも、そして保護者の方にも、
地域の方にも、そして、これから屋校生になる方々にも、学校の魅力を
伝えられるように考えてあります。どうぞご覧ください。
 
■長野県屋代高等学校ホームページアドレス 
 http://www.nagano-c.ed.jp/yashiro/
----------------------------------------------------------------
■「学校ホームページ紹介」はこちらへ
 ※ タイトルを「学校ホームページ紹介」としてメールを送信してく
   ださい。
  教育振興課 e-mai kyoiku@pref.nagano.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご存知でしたか?◆
  ●県立図書館では個人への宅配を始めました 
----------------------------------------------------------------
 県立長野図書館では、平成16年7月1日から利用者の希望により図
書資料の直接宅配による個人貸出を始めました。

■貸出資料の範囲
 県立長野図書館の貸出用図書資料

■貸出冊数
 5冊以内

■貸出期間
 20日以内(申込日から返却日までの期間)

■貸出手続き
(1)図書資料名及び住所、氏名等を証明できる身分証明書、学生証、
  運転免許証等いずれか一つの写し(コピー)を県立長野図書館に送
  ってください。
(2)県立図書館では、本人であることを確認後、郵政公社の冊子小
  包及び郵パックで、当該資料及び利用カードをお送りします。

■費用負担
 宅配便による資料の送料は、利用者の負担となります。

■相互貸借
 お探しの本がお近くの図書館にない場合、その図書館を通して所蔵し
ている図書館から借り受けできる「相互貸借」の制度もあります。

■県立長野図書館ホームページ
 http://www.library.pref.nagano.jp/index.htm

■お問い合わせ
  県立長野図書館
  電話 026-228-4921  FAX 026-291-6252
   e-mail ken-tosho@library.pref.nagano.jp

★☆★あとがき★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「教育ながの」9月号をお届けします。
 今月号は巻頭言を野池義務教育課長に書いていただきました。
 私は5月に異動してまいりましたが、この仕事に就いてから県内外の
小学校を十数校見学させていただきました。そこで感じたのは、「小学
校によって、雰囲気がこうも違うのか?」ということでした。幸か不幸
か、転校の経験がなく、自分が卒業した小学校しか知らない私(親とし
ても)にはちょっとした驚きでした。うまくいえませんが、親として、
子どもが楽しく通える学校であってほしいと思います。
 また、記事をお寄せいただきました皆様、お忙しいところありがとう
ございました。
 はじめての編集で、ご迷惑をおかけしました点につきましては、ご容
赦ください。(長)

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

■ご意見、ご要望はこちらへ  e-mail kyoiku@pref.nagano.jp
■このメールマガジンの登録・解除は、こちらへ。
  http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/kouhou/mailmaga.htm
  ※メールアドレスの変更は、配信解除してから新規登録してください。
■編集/発行
  長野県教育委員会事務局 教育振興課
  TEL:026−235−7423 Fax:026−235−7487
  長野県教育委員会ホームページ  http://www.nagano-c.ed.jp/kenkyoi/
長野県ホームページ http://www.pref.nagano.jp/index.htm
----------------------------------------------------------------
○このメールマガジンは、メールマガジン無料配信サイトの「まぐまぐ」を
利用して発行しております。 http://www.mag2.com/
○「まぐまぐ」が編集・発行する「新着情報版」「ウィークリーまぐまぐ」の
配信が不要な場合は、こちらで解除できます。→ http://www.mag2.com/wmag/
○ご覧になるコンピュータの環境によって、文字がずれて表示される場合の
対処については、こちらへ。 http://www.mag2.com/faq/mua.htm
  
▲△▲△▲△▲△▲△▲△ 教育ながの vol.501 ▲△▲△▲△▲△

お問い合わせ

所属課室:長野県教育委員会事務局教育政策課

長野県長野市大字南長野字幅下692-2

電話番号:026-235-7421

ファックス番号:026-235-7487

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?