ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 経済産業省「未来の教室」実証事業の一環として取り組んでいる坂城高等学校の授業を公開します

ここから本文です。

更新日:2021年10月14日

経済産業省「未来の教室」実証事業の一環として取り組んでいる坂城高等学校の授業を公開します

長野県(教育委員会)プレスリリース令和3年(2021年)10月14日

経済産業省による「未来の教室」実証事業(※1)に指定された坂城高等学校の取組の一端をご紹介します。

日時及び場所

令和3年10月29日(金曜日)13時00分から15時25分まで
長野県坂城高等学校(埴科郡坂城町坂城6727番地)

公開学年・教科

1学年「英語」「数学」「国語」
(AI教材「すらら」(※2)を活用した授業をご見学いただきます。)

日程(予定)

  • 受付:12時45分~:正面玄関
  • 全体会(概要説明等):13時00分~13時30分:会議室
  • 授業①(1学年「英語」「数学」)13時35分~14時25分:1棟4階
  • 授業②(1学年「国語」)14時35分~15時25分:1棟4階

その他

  • 参加対象:学校関係者、教職員等
  • 見学(取材を含む)をご希望の方は、10月27日(水曜日)17時までに、坂城高等学校までご連絡ください。
  • 新型コロナウイルス感染防止対策等のため、申込み人数が40名を超えた場合、見学者数を制限させていただくことがあります。
  • 来校の際はマスクを着用いただき、感染症対策にご協力をお願いします。

※1 経済産業省では、平成30年度から、1人1台端末と様々なEdTechを活用した新しい学び方を実証する「未来の教室」実証事業を実施。坂城高校は令和元年度に本事業に指定され、「探究と個別最適な学びが効果的に接続した学び」「進路目標と関連付けた個別学習計画に基づく学び」を重点テーマとして取り組んでいる。
※2 AI教材「すらら」は、株式会社すららネットが提供するeラーニングシステム。生徒一人ひとりのペースや理解状況に合わせた「個別最適な学び」の教材として導入している。主に活用している教科は「国語・数学・英語」で、講師をアニメーション化した講義や理解度に応じたドリルやテストを利用できる。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局学びの改革支援課

担当者名:(課長)曽根原 好彦(担当)前山 和志

電話番号:026-235-7435

ファックス番号:026-235-7495

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?