ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 日本地球惑星科学連合2019年大会の高校生によるポスター発表で最優秀賞を受賞した松本深志高校の上条藍悠さんが、教育長を訪問します

ここから本文です。

更新日:2019年7月26日

日本地球惑星科学連合2019年大会の高校生によるポスター発表で最優秀賞を受賞した松本深志高校の上条藍悠さんが、教育長を訪問します

長野県(教育委員会)プレスリリース令和元年(2019年)7月26日

 

日本地球惑星科学連合2019 年大会の高校生によるポスター発表で最優秀賞を受賞した松本深志高校の上条藍悠さんが、 教育長を訪問し、 研究の成果発表をします 。 

日時

令和元年7月30日(火曜日) 11時00分~11時15分

場所

 県庁8階 教育長室

訪問者(敬称略)

 松本深志高等学校 上条藍悠(かみじょう あいひさ)

 

研究内容 

上条さんは、松本、塩尻、大町、安曇野にカメラを設置して、松本盆地の雲を映像で観測したり、夕立があった日の風や雲を8年間分のアメダスのデータをもとに解析したりして、北アルプス周辺域での風と夕立の関連について研究しました。昨年8月には、西穂高岳に実際に登り、大気の安定性などを調査しました。
そして、朝方に山に向かう谷風が水蒸気を運ぶことで、昼ごろに尾根上に積乱雲が発達すると説明しました。また、積乱雲からの冷たい気流が盆地に流れ下り、北からの海風とぶつかることで積乱雲が次々とできることを明らかにしました。

 

[日本地球惑星科学連合 2019年大会 高校生によるポスター発表]
日本地球惑星科学連合は、地球惑星科学に関する学会が集まった学術団体。毎年春に学術大会を開催。高校生が気象、地震、地球環境、地質、太陽系などの地球惑星科学分野で行った学習・研究活動をポスター形式で発表。地球惑星科学分野の第一線の研究者と同じ会場で発表し、研究者と議論できる機会。2006年から開催しているパブリックセッション。

 


担当部署

長野県教育委員会事務局学びの改革支援課

高校教育指導係

担当者 (課長)佐倉 俊(担当)奥原 靖彦
電話

026-235-7435(直通)

026-232-0111(代表)内線4410

ファックス 026-235-7495
メール

kyogaku@pref.nagano.lg.jp

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局学びの改革支援課

電話番号:026-235-7435

ファックス番号:026-235-7495

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?