ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 文部科学省「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」に白馬高校、長野高校、飯田OIDE長姫高校が指定されました

ここから本文です。

更新日:2019年4月3日

文部科学省「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」に白馬高校、長野高校、飯田OIDE長姫高校が指定されました

高等学校が自治体、高等教育機関、産業界等と協働してコンソーシアムを構築し、地域課題の解決等の探究的な学びの実現に向けた取組を推進する、文部科学省新規事業に長野県立高等学校3校が指定されました

白馬高等学校:地域魅力化型指定校

研究開発構想名
「世界水準の山岳リゾートHAKUBAの学びの循環サイクルの構築」

【地域魅力化型】
地域課題の解決等を通じた学習を各教科・科目や学校設定科目等において体系的に実施するためのカリキュラムを構築し、地域ならではの新しい価値を創造してコミュニティを支える人材を育成

長野高等学校:グローカル型指定校

研究開発構想名
「SDGs未来都市を創造するグローカルファシリテーターの育成」

【グローカル型】
グローバルな視点をもってコミュニティを支える地域のリーダーを育成

飯田OIDE長姫高等学校:プロフェッショナル型指定校

研究開発構想名
「未来価値を創る玉手箱『地域協創スペシャリスト』育成プログラム」

【プロフェッショナル型】

地域の産業界等との連携・協働による実践的な職業教育を推進し、地域に求められる人材を育成

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局学びの改革支援課

電話番号:026-235-7433

ファックス番号:026-235-7495

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?