ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 「信州PBL会議2019」を開催します

ここから本文です。

更新日:2019年1月25日

「信州PBL会議2019」を開催します

    長野県(教育委員会)プレスリリース 平成31年(2019年)1月25日

 

長野県教育委員会は、「新たな社会を創造する力」の育成を目指して、「探究的な学び」を推進しています。その発展的な学びの手法であるPBL(Project Based Learning=課題解決型学習)の実践を県内の高等学校へと広げていくことを目指して、「信州PBL会議2019」を開催します。 

日時

  平成31年2月2日(土)13時~16時(開場12時30分) 

会場

    信州科学技術総合振興センター(SASTec)

(長野市若里4-17-1 信州大学長野(工学)キャンパス内)

内容

○ 鈴木 寛氏による基調講演

○ 講演内容の振り返りと、PBLについてのワーク・ショップ

 

参加者

○県内高等学校の教員など

  ※参加申込の受付は、すでに終了しています

その他

 ○ 講演後のワーク・ショップは、参加者全員によるものとなります。

 

鈴木 寛氏 プロフィール

東京大学教授、慶應義塾大学教授。日本サッカー協会理事、社会創発塾塾長、文部科学副大臣(2009~2011)、文部科学大臣補佐官(2015~2018)。1964 年生まれ。東京大学法学部卒業後、1986 年通商産業省に入省。山口県庁出向中に吉田松陰の松下村塾を何度も通い、人材育成の重要性に目覚め、「すずかん」の名で親しまれた通産省在任中から大学生などを集めた私塾「すずかんゼミ」を主宰し、省内きってのIT 政策通でもあった。

霞が関から大学教員に転身し、慶應義塾大助教授時代は、徹夜で学生たちの相談に乗るなど熱血ぶりを発揮。現在の日本を支えるIT 業界の実業家や社会起業家などを多数輩出する。日本でいち早く、アクティブラーニングの導入を推進してきた。

 

 

担当部署

長野県教育委員会事務局

教学指導課高校教育指導係

担当者

(課長)佐倉 俊  (担当)佐久間 啓史

電話

026-235-7435(直通)

026-232-0111(代表)内線4390

ファックス

026-235-7495

メール

kyogaku@pref.nagano.lg.jp

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?