ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成31年(2019年)2月プレスリリース資料 > 長野県高等学校スーパーバイザーと生徒との座談会を実施します(高校教育課)

ここから本文です。

更新日:2019年2月4日

 長野県高等学校スーパーバイザーと生徒との座談会を実施します

長野県(教育委員会)プレスリリース 平成31年(2019年)2月4日

県教育委員会では、サイエンス、イノベーション及びグローバル化について学識を有する方に高等学校スーパーバイザーを委嘱し、大局的・専門的見地から助言等をいただいています。今回は、白鳥敬日瑚スーパーバイザーと生徒との座談会を下記のとおり実施します。

 

目的

長野県高等学校スーパーバイザーの講演会と生徒との座談会を実施し、ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)等によるイノベーションが進展するなかで、新たな価値を創造し、国際的視野に立って社会を変えていくことのできる人材の育成を図る。

日時

平成31年2月27日(水曜日)午後1時30分~3時30分

会場

野沢北高等学校岳南会館(所在地:佐久市野沢449-2)

スーパーバイザー

白鳥敬日瑚氏(マイクロストーン株式会社代表取締役社長)

○上田市出身、信州大学工学部卒業、山形大学大学院博士課程修了(工学博士)

○精密機器メーカーで、水晶振動子、超小型CRTおよびセンサーの研究開発などを担当したのち、1999年にマイクロストーン株式会社を創業

○2005年Japan Venture Award 2004「奨励賞」、2009年経済産業大臣より「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選定される

参加生徒

野沢北高等学校理数科1,2学年生徒及び他校の希望者(約100名)

内容

講演

演題「目にふれるすべての物は、人間の心のなかの思考から生みだされる」

座談会

講演の内容や、研究開発の面白さや苦労、地元企業ならではのエピソード、課題研究のヒントなど、白鳥先生と生徒が自由に意見交換を行う。

 

その他

この催しは公開で行います。参加を希望される方は、下記の問合せ先からお申込みください。

希望者多数の場合は、会場のスペースの都合上、ご希望に沿えないこともありますので予めご承知ください。

※今までの取組状況http://www.pref.nagano.lg.jp/kyoiku/koko/supervisor/

 

しあわせ信州創造プラン2.0(長野県総合5か年計画)推進中

 

担当部署 長野県教育委員会事務局 高校教育課 高校改革推進係
担当者 (課長)塩野英雄 (担当)下井一志
電話 026-235-7452(直通)

026-232-0111(代表)内線4362

ファックス 026-235-7488
メール koko@pref.nagano.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?