ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和2年(2020年)6月プレスリリース資料 > 「信州 知の連携フォーラム」から新しい”知のインフラ”を考えるメッセージを発信します(教育委員会事務局 文化財・生涯学習課)

ここから本文です。

更新日:2020年6月4日

信州大学附属図書館/長野県立歴史館/長野県信濃美術館/県立長野図書館「信州 知の連携フォーラム」から新しい”知のインフラ”を考えるメッセージを発信します

長野県(教育委員会)プレスリリース 令和2年(2020年)6月4日 

 このたび、「信州 知の連携フォーラム」(信州大学附属図書館/長野県立歴史館/長野県信濃美術館/県立長野図書館)から、「with コロナ」と呼ばれる時代に向けたMLA(Museum,Library,Archives)が担う責務として、新しい”知のインフラ”に関するメッセージを発信します。

1. 主旨

 ー過去・現在を未来へと架橋する「知のインフラ」を考えていくためにー
  • MLA(Museum,Library,Archives)は、先人の経験・叡智を礎にして幾多の危機を乗り越え、社会の営為を積み重ねてきた人類の営みを、収集・保存・整理・発信する役割を担っています。コロナ禍により休館を余儀なくされましたが、各館がオンラインでできることを工夫しながら現物へのナビゲーションとしての情報を発信し続けました。
  • 2016年に発足した「信州 知の連携フォーラム」は、「信州における価値ある地域資源の共有化」と「新たな知識化・発信」について議論を重ねてきました。その成果を「知のインフラ」として形にしたのが「信州ナレッジスクエア」で、ご自宅等からご活用いただけます。
  • MLAは、過去・現在を未来へと架橋する責務があり、MLAの活動が止まることは、楽しみを失うばかりでなく未来を失うことにほかなりません。これからも、「知のインフラ」のあり方を皆さまと共に考えていきます。

 (※本文は別添資料をご参照ください。各館のホームページにも掲載予定です。)

2. メッセージ発信者

 信州大学附属図書館長 渡邉 匡一

 長野県立歴史館長   笹本 正治

 長野県信濃美術館長  松本 透

 県立長野図書館長   森  いづみ

 前県立長野図書館長  平賀 研也

3. 「信州 知の連携フォーラム」とは

 「信州 知の連携フォーラム」は、長野県における知と学びに関わる各種の文化施設(博物館、美術館、図書館、文書館などのいわゆるMLA:Museum,Library,Archives)が連携して、信州における価値ある地域資源の共有化をはかり、新たな知識化・発信を通して地域住民の学びを豊かにし、地方創生につなげていく方策について語り合う場として2016年に発足しました。

 【参考】

 「信州 知の連携フォーラム」(県立長野図書館サイト)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局文化財・生涯学習課

担当者名:(課長)小林 司(担当)小澤 多美子

電話番号:026-235-7439

ファックス番号:026-235-7493

県立長野図書館 
(館長)森 いづみ(次長)中村 竜生
電話 026-228-4500(代表)
ファックス番号 026-291-6252

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?