ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成30年(2018年)5月プレスリリース資料 > 星降る中部高地の縄文世界-数千年を遡る黒曜石鉱山と縄文人に出会う旅-が日本遺産(Japan Heritage)に認定されました

ここから本文です。

更新日:2018年5月24日

星降る中部高地の縄文世界-数千年を遡る黒曜石鉱山と縄文人に出会う旅-が日本遺産(Japan Heritage)に認定されました

長野県(教育委員会)プレスリリース 平成30年(2018年) 5月24日

文化庁による平成30年度の日本遺産認定において、県が代表して申請した「星降る中部高地の縄文世界-数千年を遡る黒曜石鉱山と縄文人に出会う旅-」が日本遺産に認定されました。

県が代表して申請したストーリーの概要

日本の真ん中、八ヶ岳を中心とした中部高地には、ほかでは見られない縄文時代の黒曜石鉱山がある。鉱山の森に足を踏み入れると、そこには縄文人が掘り出したキラキラ耀(かがや)く黒曜石のカケラが一面に散らばり、星降る里として言い伝えられてきた。日本最古のブランド「黒曜石」は、最高級の矢じりの材料として日本の各地にもたらされた。

麓のムラで作られたヒトや森に生きる動物を描いた土器やヴィーナス土偶を見ると、縄文人の高い芸術性に驚かされ、黒曜石や山の幸に恵まれて繁栄した縄文人を身近に感じることができる。

申請自治体(2県9市3町2村。◎は申請代表自治体)

◎長野県、茅野市、富士見町、原村、諏訪市、岡谷市、下諏訪町、長和町、川上村

山梨県、甲府市、北杜市、韮崎市、南アルプス市、笛吹市、甲州市

文化庁による認定発表及び認定証交付式

日時:平成30年5月24日(木)11:00から 

場所:東京ステーションホテル鳳凰 

今後の予定

認定地域において、文化庁「日本遺産魅力発信推進事業」を活用し、情報発信、人材育成等に取組みます。

(参考)

県内では、平成28年度に認定された木曽地域の「木曽路はすべて山の中~山を守り山に生きる~」に続き2件目の認定となります。

※詳細は以下の別紙資料をご覧ください。

しあわせ信州創造プラン2.0(長野県総合5か年計画)推進中!

担当部署 長野県教育委員会事務局 文化財・生涯学習課
担当者 (課長)井上雅彦 (担当)下島浩伸
電話 026-235-7441(直通)

026-232-0111(代表)内線4428

ファックス 026-235-7493
メール bunsho@pref.nagano.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局文化財・生涯学習課

電話番号:026-235-7439

ファックス:026-235-7493

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?