ホーム > 信州の歴史 > 信州の歴史 中世

ここから本文です。

更新日:2014年6月25日

信州の歴史 中世

 

中世
~いくさとやすらぎ~

 

鳥羽院庁下文<BR
鳥羽院庁下文
(重要文化財)
鎌倉時代の善光寺門前
鎌倉時代の善光寺門前
(長野県立歴史館展示)
 良馬の産地である信濃では、武士たちは強力な騎兵として力をふるいました。
 源平合戦に際し、信濃で挙兵した木曽義仲は、平氏政権を倒し、武家政権樹立の先駆けとなりました。義仲軍で中心的な役割を果たしたのは信濃の武士たちでした。しかし義仲の急進性は、結局、公家や武家に受け入れられませんでした。
 鎌倉幕府を打ち立てた源頼朝は、公家と武家の共存の道を選び、信濃の武士団は関東出身の有力御家人の支配下となりました。
 鎌倉幕府の執権北条氏が守護として信濃を支配するようになると、北条氏のいた塩田平には「信州の鎌倉」と呼ばれるような禅宗文化が栄えました。北条氏は、信濃の武士団をとりまとめるために、善光寺や諏訪社に対する信仰を利用しました。そのこともあって、この時代、善光寺や諏訪社は全国にその信仰を広げたのです。
 鎌倉幕府が倒れ、南北朝時代、室町時代になると、諏訪氏や村上氏などの国人たちは鎌倉府と結んで、京の室町幕府や守護小笠原氏の支配に抵抗しました。とりわけ、1400年におこった大塔合戦は、信濃の国人らが一揆を組み、小笠原氏を守護の地位から追い落とした戦いでした。自立性の強かった信濃の武士たちのもとでは、ついに守護による信濃の安定した支配が実現せず、いち早く戦国の争乱へと向かうことになりました。
 戦国時代になっても、信濃出身の戦国大名は育たず、甲斐の武田氏と越後の上杉氏が信濃の支配をめぐって、激しく対立することになりました。

 

お問い合わせ

所属課室:長野県教育委員会事務局文化財・生涯学習課

長野県長野市大字南長野字幅下692-2

電話番号:026-235-7439

ファックス番号:026-235-7493

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?