ホーム > 防災・安全 > 交通安全対策 > 危険運転や「ながらスマホ」はやめましょう

ここから本文です。

更新日:2020年7月21日

危険運転や「ながらスマホ」はやめましょう!

危険運転について

下記項目のような危険運転は、自分も相手も傷つける可能性があります。絶対にやめましょう。

妨害運転(「あおり運転」)による重大交通事故

妨害運転(「あおり運転」)とは・・・

以下の運転行為を妨害運転(「あおり運転」)といい、令和2年6月30日施行の道路交通法の一部改正に伴い、罰則が創設されています。

1.通行妨害目的で、交通の危険のおそれのある方法により一定の違反(車間距離不保持、急ブレーキ禁止違反等)をした場合(懲役3年・罰金50万円以下)
2.上記1により著しい危険(高速での停車等)を生じさせた場合(懲役5年・罰金100万円以下)

なお、自転車のあおり運転に当たる「妨害運転」についても、道路交通法施行令の一部改正(令和2年6月30日施行)により規定が設けられ、道路における交通の危険を生じさせるおそれのあるものとして、逆走、幅寄せ、ベルを執拗に鳴らすなどの行為が対象となっています。

 

あおり運転

「あおり運転」(妨害運転)は、重大な交通事故につながる極めて悪質・危険な行為です。

車を運転する際は、自分のことだけを考えるのではなく、周りの車に対する「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持って、ゆとりある運転を心掛けましょう。

詳しくは、妨害運転「あおり運転」罰則創設!!(長野県警察ホームページ)をご覧ください。

 

「危険ドラッグ」を使用した疑いのある重大交通事故

県内外で、いわゆる「危険ドラッグ」を使用した疑いのある重大交通事故が過去に発生しています。
「危険ドラッグ」は、心身に多大な悪影響を及ぼす恐れがあります。このような行為は絶対にしないようにしてください。

<関連ページ>

危険ドラッグにご注意ください(健康福祉部薬事管理課)

危険!ながらスマホ

スマートフォンを操作しながら歩いたり、車両を運転していませんか?特に、スマートフォンを操作しながらの歩行は、視野が狭くなるなど周囲の危険に気が付きにくくなることから、交通事故に直結しかねない危険な行為です!

「ながらスマホ」は大変危険です。絶対にやめましょう!!

<関連ページ>

危険!ながらスマホ(長野県警察ホームページ)

 

お問い合わせ

県民文化部くらし安全・消費生活課

電話番号:026-235-7174

ファックス:026-235-7374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?