ホーム > 仕事・産業・観光 > 国際交流推進 > 多文化共生 > 多文化共生推進メインページ > 地域共生コミュニケーターについて

ここから本文です。

更新日:2020年7月30日

地域共生コミュニケーターについて

「地域共生コミュニケーター」は、行政と外国人県民のみなさんのパイプ役として、行政からの情報を伝えたり、行政に対する意見や要望を県などに伝えたりして、地域に暮らすみなさんの相互理解を進めるために活躍していただくボランティアです。

 地域共生(ちいききょうせい)コミュニケーターについてのふりがな付(つ)きの資料(しりょう)はこちら

※令和元年度に制度の見直しを行いました。活動内容や登録要件をご確認ください。
 令和元年度から
通訳・翻訳ボランティアの登録は(公財)長野県国際化協会(電話:026-235-7186)で受け付けています。

 

活動内容

自主的、主体的に、主に以下のような活動を無報酬で行います。
また、実施した活動については県が別途指定する時期に報告してもらいます。

  • 県などからの行政情報を地域の外国人県民へ伝える
  • 地域における外国人県民の方から行政に対する意見・要望を聞いて、県などに伝える
  • 外国人県民の方からの生活相談に応じたり、長野県多文化共生相談センター地域の日本語教室、自治会及び市町村への橋渡しを行う
  • 外国人県民の方へ自治会活動への参加を呼びかけたり、地域住民のみなさんとの相互理解の促進に努める  など

 

登録方法

登録申込書兼同意書に必要事項を記入のうえ、郵送、ファックスまたは電子メールで多文化共生・パスポート室までご提出ください。
登録が決定した際は、県で一括してボランティア保険に加入しますので、手続きの都合上必ず以下期間にお申し込みください。

令和2年度登録分

【申込期間】令和2年9月30日(水曜日)まで

【登録期間】登録証発行時から令和4年3月31日(木曜日)まで

【提出書類】登録申込書兼同意書

【提出先】 長野県県民文化部文化政策課多文化共生・パスポート室
 (郵送)〒380-8570 長野県長野市大字南長野字幅下692-2
 (ファックス)026-232-1644
 (電子メール)tabunka-c@pref.nagano.lg.jp
 ※上記の@は全角です。半角にしてご連絡ください。

 

登録要件

(1) 地域共生コミュニケーターの趣旨を理解し、その業務に積極的に取り組む意欲を持つ者

(2) 原則として県内に在住し、在勤し、又は在学している者(国籍は問わない)

(3) 日本語を母語としない者については、日本語の日常会話ができ、ひらがなとカタカナの読み書きができる者

※登録機関後、研修受講等の要件を満たした場合は登録を継続できます。
 その他、詳細は地域共生コミュニケーター設置要綱をご覧ください。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化部多文化共生・パスポート室

電話番号:026-235-7173

ファックス:026-232-1644

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?