ホーム > 仕事・産業・観光 > 国際交流 > 多文化共生 > 多文化共生推進メインページ > シンポジウム「医療におけるコミュニケーション支援「医療通訳」を考える」を開催します

ここから本文です。

更新日:2018年12月4日

シンポジウム「医療におけるコミュニケーション支援「医療通訳」を考える」を開催します

外国籍県民等が言葉の不安を感じることなく、安心して医療を受けることができる環境づくりを推進していくため、シンポジウム「医療におけるコミュニケーション支援「医療通訳」を考える」を開催します。
皆さまのご参加をお待ちしております。

日時

平成30年(2018年)12月20日(木曜日)午後4時から午後7時まで

場所

レザンホール(塩尻市文化会館)中ホール
(塩尻市大門七番町4-8)

内容

シンポジウムでは「基調講演」と「パネルトーク」を開催します。

基調講演「外国人医療の現状」

演者

(特非)多言語社会リソースかながわ(MICかながわ)理事長 松野 勝民 氏

パネルトーク「医療におけるコミュニケーション支援「医療通訳」を考える」

コーディネーター

長野県医師会 副会長 関 健 氏

パネリスト

(特非)多言語社会リソースかながわ(MICかながわ)理事長 松野 勝民 氏

繁田医院 院長 繁田 美香 氏

飯田市立病院 中国語通訳者 秦 文映 氏

飯田市市民協同環境部男女参画課長 土屋 美那 氏

ちらし及び参加申込書

シンポジウムへの参加は無料です。事前の申し込みが必要になりますので、参加申込書に必要事項を記入いただき、FAXまたはE-MAILで長野県県民文化部国際課多文化共生係までお申し込みください。

ちらし及び参加申込書(PDF:653KB)

申込締め切り 平成30年(2018年)12月17日(月曜日)

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • さわやか信州旅ネット(観光機構)
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)