ホーム > 仕事・産業・観光 > 国際交流推進 > 多文化共生 > 多文化共生推進メインページ > 日本語学習支援事業 > 令和3年度 日本語交流員養成事業

ここから本文です。

更新日:2021年5月27日

令和3年度 日本語交流員養成事業

長野県では、日本語教室を多文化共生の拠点とした地域づくりを進めるため、「外国人の日本語学習の支援」と「外国人と地域をつなぎ共生を支援する」役割を担う「日本語交流員」を養成しています。

日本語交流員とは

日本語を指導する日本語教師と協力しながら日本語習得のお手伝いをする方です。
また、外国人が地域で安心して生活でし、活躍できるよう地域に溶け込むサポートを担っていただく方です。
※日本語教師とは異なります。

日本語交流員関係図

 

令和3年度 長野県日本語交流員養成初期研修を実施します

研修の目的

誰もが暮らしやすい地域を実現するための日本語学習支援について考え、支援者として学び続けることができるとともに、地域における多文化共生を推進する担い手となることができる者を養成する。

 

主催・共催・協力

主催 長野県
共催 公益財団法人 長野県国際化協会
協力 長野市、佐久市、駒ヶ根市

 

実施形式

オンライン形式(Zoomミーティング)

 

日時・形式

日時 その他
第1回 7月3日(土曜日) 午前10時00分から
正午まで(2時間)

自宅で受講できない受講者向けに、特設会場を設置

 もんぜんぷら座
 佐久市役所 ※7月3日、17日のみ
 ワークテラス佐久 ※7月10日、24日、31日のみ
 駒ヶ根市役所

第2回 7月10日(土曜日)
第3回 7月17日(土曜日)
第4回 7月24日(土曜日)
第5回

7月31日(土曜日)

 

内容

テーマ 内容 講師
第1回

日本語交流員として
~活動を想定してみよう~

外国人支援の様々な事例紹介、日本語交流員とは NPO法人
中信多文化共生ネットワーク
 日本語教育アドバイザー
 佐藤 佳子
第2回

長野県、地域の独自性
~どんな特徴があり、どんな日本語教室があり、学習者がいるのかを知ろう~

県内に在住する外国人、多文化共生施策、地域の支援者の状況、地域日本語教育の実施体制と支援者の役割等 上田女子短期大学 総合文化学科
 学科長 大橋 敦夫
第3回

やさしい日本語
~日本語交流員として身につけておくべき日本語のスキル~

やさしい日本語とは、やさしい日本語を使ってのコミュニケーションの手法等 信州大学 人文学部
 准教授 坂口 和寛
第4回

日本語交流員の役割と多文化共生(学習者の背景に対する理解)
~日本語交流員の役割を学ぶとともに多様性を認め合おう~

日本語交流員に求められる役割、外国人をめぐる国内外の動き、多文化共生とは、「生活者としての外国人」に対する日本語教育の目的・目標等 武蔵野大学 グローバル学部
日本語コミュニケーション学科
 准教授 神吉 宇一
第5回

多文化コミュニケーション
~コミュニケーションから相手の文化を尊重しよう~

異文化理解とは、多文化コミュニケーションとは、傾聴等

 

対象者

長野県における活動を通じて、地域住民の意識を変えていく重要な役割ができ、多文化共生に興味のある者
※日本語学習支援の活動の経験や資格有無、国籍等は問わない

 

定員

40名 ※定員を超えた場合は、書類選考の可能性あり

 

申込方法

  • 申し込み期間

令和3年5月27日午後1時00分から6月17日午後5時まで
 

  • 以下URLから電子申請によりお申し込みください

https://s-kantan.jp/pref-nagano-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=12196(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

 

受講料

無料

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化部多文化共生・パスポート室

電話番号:026-235-7173

ファックス:026-232-1644

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?