ホーム > 仕事・産業・観光 > 国際交流推進 > 多文化共生 > 多文化共生推進メインページ > 日本語学習支援事業 > 日本語学習の総合的な支援体制づくり推進事業

ここから本文です。

更新日:2019年9月25日

地域日本語学習の総合的な支援体制づくり推進事業

長野県では、地域日本語教育の総合的な体制づくりを推進するために、次のことに取り組んでいます。

地域日本語教育コーディネーターの設置

地域における日本語教育を推進するため、2名の地域日本語教育コーディネーターを設置しました。

○総括コーディネーター 兼 地域日本語教育コーディネーター(担当地域:中信地域)

○地域日本語教育コーディネーター(担当地域:東信地域)

総括コーディネーターの役割

行政機関や関係機関等への訪問による地域日本語教育の現状や課題の把握、事業全般の推進等

地域日本語教育コーディネーターの役割

地域日本語教育に関するニーズ調査や助言、モデル教室のコーディネート等

日本語学習モデル教室の支援

長野県では日本語教育人材が連携した学習機会を提供するとともに地域の多文化共生の拠点となる日本語教室を推進するため、日本語学習モデル教室に対して、日本語教師と日本語交流員を派遣する支援を行います。

日本語教育人材とは
文化庁が示す「地域日本語教育コーディネーター」、「日本語教師」及び「日本語交流員」のことです。

日本語学習モデル教室とは
本事業に賛同いただいた市町村又はNPO法人等が設置・運営する日本語教室の中で、県が日本語教師及び日本語交流員を派遣する教室のことをいいます。今年度は県内2か所となります。

日本語学習モデル教室(2か所)

上田会場(上田市が設置・運営)及び松本会場(NPO法人中信多文化共生ネットワークが設置・運営)

日本語教師の募集について

日本語学習モデル教室で日本語指導をしていただける日本語教師の方を募集しています。
募集については「令和元年度日本語教師募集について」のページをご覧ください。

会議の開催

関係者の意見交換の場として日本語教育をテーマとした会議を開催しました。

詳細は「長野県多文化共生推進指針第2回検討会」をご覧ください。

お問い合わせ

県民文化部国際課

電話番号:026-235-7165

ファックス:026-232-1644

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?