ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 「北方領土問題に関する標語コンクール」の入賞作品が決定しました

ここから本文です。

更新日:2020年1月17日

「北方領土問題に関する標語コンクール」の入賞作品が決定しました

長野県(県民文化部)プレスリリース令和2年(2020年)1月17日

長野県内の小学校、中学校及び高等学校の児童生徒を対象とした令和元年度「北方領土問題に関する標語コンクール」に、14校から1,006作品の応募があり、選考の結果、入賞作品が決まりました。

1賞作品

(1)優秀賞

「咲かせよう島(しま)の未来に露の笑顔」中島愛梨(須坂市立墨坂中学校1年)

(2)秀賞

「交流と解を深め島(しま)返還」宇佐美千晴(栄村立栄小学校6年)

「対話から和のきっかけ島(しま)返還」髙山未央(長野市立裾花小学校5年)

「返還でに築こう露の絆」鈴木理仁(須坂市立墨坂中学校1年)

(3)

「話し合おうシアの国と島(しま)のこと」大久保藍瑠(大町市立大町南小学校4年)

「北方領土問題るい解決くらの役目」田場海斗(大町市立大町南小学校4年)

「四島(しま)返還和とともに一歩」勝山晟(須坂市立墨坂中学校2年)

「知ることでに進もう島(しま)返還」松田里咲(木曽町立木曽町中学校3年)

「待っている島(しま)に再びてる日を」新保りな(長野市立櫻ケ岡中学校2年)

(4)校賞

大町市立大町南小学校、阿南町立阿南第二中学校、木曽町立木曽町中学校、筑北村立聖南中学校、富士見町立富士見中学校

(敬称略。各賞別に小中順・標語の五十音順。)

2

少年が北方領土問題を身近な問題として認識し、北方領土返還に対する機運の醸成を図るため、北方領土問題に関する標語を募集し、優秀な作品を表彰する。

3

北方領土返還要求長野県民会議(長野県を含む県内33団体で構成)

4

長野県、長野県教育委員会

5の他

優秀賞、優秀賞及び学校賞の受賞者は、北方領土返還要求長野県民大会(2月3日(月曜日)松本市で開催(1月17日プレスリリース))で表彰します。
た、入賞作品は啓発物品に掲載するなど、県民への北方領土問題の啓発に活用します。

 

 

担当部署 県民文化部国際課外事・パスポート係
担当者 (課長)根橋幸夫(担当)矢島武
電話

026-235-7173(直通)

026-232-0111(代表)内線2803

ファックス 026-232-1644
メール kokusai@pref.nagano.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?