ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 医療機関 > 令和元年台風第19号で被災された皆様は窓口負担を支払うことなく医療機関等を受診できます

ここから本文です。

更新日:2019年11月7日

令和元年台風第19号により被災された皆様の受診について

窓口負担を支払うことなく医療機関等を受診できます

1対象となる方

(1)国民健康保険に加入されている方

以下の対象となる市町村にお住まいで、国民健康保険に加入されている方のうち、次のア~オのいずれかに該当する方

ア住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をされた方(罹災証明書は不要です。口頭で申告してください)
イ主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病をを負われた方
ウ主たる生計維持者の行方が不明である方
エ主たる生計維持者が業務を廃止又は休止された方
オ主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

<※対象となる保険者(令和元年11月6日17時現在(今後随時更新)で長野県が把握している対象保険者(厚生労働省の発表と異なる場合がありますが、こちらが最新情報です))>

長野市、松本市、上田市、岡谷市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、中野市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市、小海町、川上村、南牧村、南相木村、北相木村、佐久穂町、軽井沢町、御代田町、立科町、青木村、長和町、下諏訪町、富士見町、原村、辰野町、麻績村、生坂村、坂城町、小布施町、高山村、飯綱町、栄村、長野県医師国民健康保険組合
長野県建設国民健康保険組合(上記のイ~オは、対象外)

なお、対象となる市町村は令和元年11月6日17時現在のものであり、今後随時更新される予定です。

(2)後期高齢者医療に加入されている方

令和元年台風第19号に伴う災害に係る災害救助法の適用市町村にお住まいで、次のア~オのいずれかに該当する方

ア住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をされた方(罹災証明書は不要です。口頭で申告してください)
イ主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病をを負われた方
ウ主たる生計維持者の行方が不明である方
エ主たる生計維持者が業務を廃止又は休止された方
オ主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

(3)上記以外の社会保険等に加入されている方

全国健康保険協会に加入されている方は、上記(2)の要件に該当する場合は対象となります。また、一部の健康保険組合等についても免除される場合があります。詳細は、ご加入の社会保険等にお問い合わせください。

(4)リーフレット

2窓口負担について

医療機関等の窓口での支払いは不要となります。(令和2年1月末まで)

※医療機関等の窓口で申告していただいた内容について、後日、ご加入の保険者から確認が行われることがあります。

※入院時の食費等はお支払いいただく必要があります。

3保険証について

被災に伴い医療機関等に保険証を提示できない場合は、氏名、生年月日、連絡先(電話番号等)、住所、国保組合名(国保組合に加入されている場合)を医療機関等の窓口に伝えることにより、受診することができます。

4お問い合わせについて

この窓口負担の取扱について、ご不明な点があれば、ご加入の各保険者にお問い合わせください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康増進課国民健康保険室

電話番号:026-235-7096

ファックス:026-235-7485

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?