ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2020年2月分(月別) > 新型出生前診断について

ここから本文です。

更新日:2020年3月31日

新型出生前診断について

ご意見(2020年2月14日受付:Eメール)

長野県内で新型出生前診断(NIPT)を受けられないのはなぜですか?

今回家族が妊娠しました。
新型出生前診断を受けようとしたんですが、県内の病院で新型出生前診断を行なっているところがありませんでした。
不安定な妊婦を抱え近県まで動くにはリスクが高く無理です。
是非新型出生前診断を県内で受けられるようにしてください。
お願いします。

回答(2020年2月21日回答)

長長野県健康福祉部長の土屋智則と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました、新型出生前診断に関するご意見についてお答えいたします。

このたびは長野県における新型出生前診断の実施について貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。妊娠・出産は喜びも大きい一方、不安も感じられていることとお察しします。

新型出生前診断は、検査前後の十分な情報提供やカウンセリングなど、支援体制が整備された施設で行うことが求められており、現在、無認定の施設での検査実施が増加し、妊婦の不安や悩みに寄り添う適切なカウンセリングが行われていない等の問題が指摘されていることから、日本医学会による新型出生前診断実施施設の認定作業が中断されているという現状にございます。この様に、本診断については、行政的な対応というよりも、生命倫理的な整理がなされている最中であると承知しております。

現状といたしましては、平成25年4月に開始され、実施施設の要件等を満たした全国92の施設において実施が可能となっておりますが、ご指摘のとおり、長野県においては、新型出生前診断を実施できる施設は今現在ございません。これは、新型出生前診断の実施施設の要件や、支援体制の確保等の観点及び施設側の当該技術に対する考えによるものです。

長野県としましては、新型出生前診断実施に関する国の動向を注視するとともに、県民の皆様及び医療機関と情報共有してまいりたいと考えております。
併せて、妊娠に関する不安等を抱える県民の皆様に対しては、「不妊・不育専門相談センター」や「妊娠~子育てほっとライン信州」等でご相談に応じ、不安の解消に努めてまいりますので、ご心配なことがありましたらぜひご活用ください。

「不妊・不育専門相談センター」(電話・面接・メール相談)
電話相談:毎週火・木曜日、午前10時~午後4時
面接相談(面接相談は要予約):
毎週火・木曜日、午前10時~午後4時
毎月第3土曜日(第3火曜日までに要予約)、午後1時~午後4時
◇電話番号0263-35-1012
◇E-mail相談:funin@nursen.or.jp

「妊娠~子育てほっとライン信州」(電話相談)
毎週火・木曜日、午前10時~午後4時(祝日・年末年始は除く)
◇電話番号0263-31-0015

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、衛生技監兼保健・疾病対策課長:德本史郎、担当:母子・歯科保健係までお問い合わせください。

【問合せ先:健康福祉部保健・疾病対策課/母子・歯科保健係/電話026-235-7141/メールhoken-shippei(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:保健・医療・福祉)(月別:2020年2月)2019000741

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?