ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成31年(2019年)5月プレスリリース資料 > 「信州やまほいく認定制度」がこども環境学会において自治体施策賞を受賞しました!(県民文化部こども・家庭課)

ここから本文です。

更新日:2019年5月14日

「信州やまほいく認定制度」がこども環境学会において自治体施策賞を受賞しました!

                                                        長野県(県民文化部)プレスリリース令和元年(2019年)5月14日

「信州やまほいく認定制度」が、こども環境学会において、こども環境学会賞自治体施策賞を受賞しました。

令和元年5月18日に開催される「2018年度(第14回)こども環境学会 学会賞受賞者 表彰式及び記念講演会」において、表彰状が授与されます。

1 表彰日時等

(1)日 時:令和元年5月18日(土)17:00~18:00

(2)会 場:九州工業大学 百周年中村記念館多目的ホール

(福岡県北九州市戸畑区仙水町1‐1)

2 こども環境学会の概要

  こどもにとってより良い生育環境を実現していくことを目的に、2005年に設立。教育・啓発事業、研究・評価事業、資格認定・顕彰事業などを行う。

「こども環境学会賞」も同2005年に創設され、論文・著作賞、デザイン賞、活動賞、自治体施策賞の4部門からなる。 

 公式ホームページ:http://www.children-env.org/

3 表彰式の概要

  「2018年度(第14回)こども環境学会 学会賞受賞者 表彰式及び記念講演会」

 

   (1) 表彰状授与

    こども環境学会五十嵐会長から、長野県県民文化部こども・若者担当部長 高橋 功 へ、表彰状授与

 (2)記念撮影

 (3)記念講演

    信州やまほいく認定制度について、高橋こども・若者担当部長が講演(5分間)

4 受賞理由

  制度に明確な基準が定められており、何を目指せばよいか分かりやすい点。「特化型」「普及型」の2つの認定区分があるため、どの団体でも取り組める点。人材育成、情報発信、運営支援と各方面でのサポートが充実している点。「森と自然の育ちと学び自治体ネットワーク」を設立し、今後のさらなる発展、自治体同士のネットワーク活用した交流など今後の新たな展開が期待できる点。

信州やまほいく認定制度について

  信州の豊かな自然環境や地域資源を積極的に取り入れた保育・幼児教育の普及を図るため、平成27年4月1日に信州やまほいく認定制度を制定。現在185園が認定されている。

 

 関連資料

 プレスリリース資料(PDF:618KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県民文化部こども・家庭課

担当者名:(課長)米久保 篤 (担当)細萱 裕

電話番号:026-235-7095

ファックス番号:026-235-7390

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?