ホーム > 北アルプス農業農村支援センター(技術経営普及課) > 活動紹介 > 「水稲奨励品種決定ほ場」で田植えを実施しました

ここから本文です。

更新日:2021年6月8日

北アルプス地域振興局

「水稲奨励品種決定ほ場」で田植えを実施しました

 長野県農業試験場の育種部では、育成した有望系統について、現地での栽培適性を調査するため、県下10か所の農業農村支援センター管内に「水稲奨励品種決定ほ場」を設置しています。

 北アルプス農業農村支援センターでは生産者のご協力をいただき、大町市常盤で試験ほ場を設置しており、今年は5月14日に田植えを行いました。

 奨励品種決定に係る収量性等のデータを正確に得るため、1か所に植える苗は3本と決まっており、支援センター職員が慎重に作業を行いました。

 また、長野県では、農作業安全に対する意識の向上及び農作業事故の防止を図ることを目的とし、農繁期となる5月1日から5月31日の間を「春の農作業安全運動月間」と定め、啓発活動を行なっています。

 職員が着用している「ノーミス・ノー事故・農作業」と書かれたオレンジ色のベストは春の農作業安全推進用に豊作業安全協会より配布されたものです。

 昨年度、長野県内では14件の死亡事故と11件の重傷事故が発生しており、その大部分をトラクターや草刈り機など機械使用時の事故が占めています。

 犠牲者の多くが65歳以上の高齢農業者であることや作業終了間際の昼食前・夕方における事故発生率が高い傾向にあることから、慣れや疲れを感じる時こそ注意が必要になります。

 農作業は複数人で行うことを心掛け、農作業事故にはくれぐれもご注意いただきますようお願いいたします。

 

nousagyouanzenr3田植えの様子(5月14日)

お問い合わせ

所属課室:長野県北アルプス地域振興局北アルプス農業農村支援センター

大町市大町1058-2

電話番号:0261-23-6510

ファックス番号:0261-23-6512

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?