ホーム > 北アルプス地域振興局 > 地域発 元気づくり支援金トップ > 平成22年度「地域発元気づくり支援金」事業実施結果(大北地域)

ここから本文です。

更新日:2017年4月17日

北アルプス地域振興局

平成22年度「地域発 元気づくり支援金」事業実施結果(大北地域)

平成22年度に「地域発 元気づくり支援金」を活用して実施した事業について紹介します。事業名をクリックしていただくと、実施団体から提出された事業総括書(事業内容・事業効果など)をご覧いただけます。

事業名 団体名 事業内容 事業費
(円)
  講  評
うち支援金額(円)
観光地における二次交通試験運行事業 大町市 JRやバス等で訪れる観光客に対する二次交通対策として、国営アルプスあづみの公園やアルペンローゼ、仁科神明宮をめぐる周遊バスを運行し、利用者のニーズの把握を行う。 3,287,835 3,103,000 地域課題である二次交通システム構築に向けて、観光地を巡る周遊バスの運行に取り組みました。周遊バスを知らない観光客が多く、目標としていた利用者数に届かなかったことから、今後はPR方法等を工夫し、多くの観光客に利用されるバスになることを望みます。
モンキードック事業 大町市 野生有害鳥獣対策として、猿の追い払いを行うモンキードックを育成する。モンキードックを継続的に育成し、頭数を増やすことにより面的な防御を可能とする。 210,000 210,000 モンキードックは農作物被害の減少に効果があることから、面的な防御を進めるために毎年一定頭数の育成が必要です。モンキードックの育成頭数の確保に向け、被害地域の住民にモンキードックの効果を改めてPRするとともに、犬の所有者の負担軽減策を講ずるなど、育成に協力しやすい環境や条件を整える工夫が望まれます。
生ごみ堆肥化事業 大町市 市内の小中学校や福祉施設から排出される生ごみを堆肥化し、できた堆肥を排出元の学校、地域の花壇畑等に還元することで、環境教育の充実や生ごみ堆肥化の周知を図る。 4,275,508 2,400,000 生ごみを堆肥化し、排出元である学校や地域の花壇などに還元することで、循環型社会の構築に向けたきっかけづくりができました。今後は、学校での環境教育の充実や地域の花づくり団体への活用の広がりを期待しています。
唐花見湿原環境保全整備事業 大町市 唐花見湿原内の散策道の整備や外来種の駆除を市民参加型の協働事業として実施する。また、湿原の環境保全、景観形成を広く市民に広めることを目的に自然観察会を開催する。 1,371,685 780,000 散策道整備や外来種の駆除が、地域住民の参加により行われました。また、自然観察会では、市民がハッチョウトンボやミヤマウメモドキなどの貴重な動植物を観察することができました。今後は湿原の環境維持を図りながら、自然観察会などの取り組みを充実させ、湿原の魅力が地域外にも広がるような取り組みを期待しています。
地蜂の里づくり事業 大町地蜂愛好会 地蜂の保護・増殖や生態研究を通して人間社会と共存できる自然環境の創造を目指す。また、全国地蜂サミットを開催し、地蜂を通じて大町市の魅力を広く発信する。 1,032,014 1,032,000 全国地蜂サミットの開催により、県外から多くの人が大町市を訪れました。今後も地蜂の保護育成や見学会、地蜂せんべいのPRなど地蜂を通じた大町市の魅力発信の取り組みを期待しています。
ホタルの里づくり事業 上一なかま会 地域住民が協働して鑑賞道の整備を行い、ホタルがすみやすい環境の保全を図り、地域住民の憩いの場としていく。 256,250 248,000 住民が協働して鑑賞道の整備を行い、ホタルを鑑賞しやすい環境が整えられました。今後も周辺環境の維持整備を図り、地域住民の憩いの場や子どもたちの野外学習の場として定着するよう継続した取り組みを期待しています。
鷹狩山周辺の公園化整備事業 鷹狩山に展望公園をつくる会 鷹狩山を訪れる観光客に新たな魅力を提供するため、山頂直下の植物園への植栽や散策道の整備を進める。 666,756 664,000 鷹狩山の山頂付近への植栽や散策道の整備等が地元自治会との協働により行われ、公園の整備が進められています。これからも県内外から観光客が訪れる魅力的な公園として定着するように継続した取り組みを期待しています。
ビニールハウスを活用した木材乾燥スケジュール普及事業 企業組合
山仕事創造舎
木材の人工乾燥施設がない大北地域において、地域材の利用を推進するため、ビニールハウスを活用した環境に配慮した低コストな木材乾燥技術を開発し、普及のために実施マニュアルを作成する。 571,106 550,000 木材の人工乾燥施設がないことから地域材の利用が進まない大北地域の現状に対応するため、環境に配慮した低コストな木材乾燥技術の開発により、木材の地産地消ができる可能性が広がりました。今後の技術の積み重ねと、普及宣伝により、地域材の利用拡大につながることが期待されます。
地域力発信「地域協働による活性化プラン構築」事業 八坂地域づくり協議会 移住・交流を推進していくために、山村の魅力を都市部に発信するHPの開設や特産品を活かした商品の研究、地域づくりをコーディネートする人材の育成を行い、八坂地域の活性化を図る。 817,953 600,000 山村の魅力を発信するのHPの開設や特産品を活かした商品の研究、地域づくりをコーディネートする人材の育成により、移住・交流を推進する上での土台づくりができました。今後は、これらを有効活用し、八坂地域の活性化につながる取り組みを期待しています。
ぶらり"よぉ~いと"本通り みとろぐる~ぷ 地域の子供たちが商店街店主と会話しながら謎解きを行うチェーントーキングツアー等のイベントを開催することにより、市街地の賑わいを創出するとともに、子供たちの異世代交流の場をつくる。 270,000 230,000 地域の子どもたちが商店主と会話しながら謎解きを行うチェーントーキングツアーなどのイベントを開催することにより、市街地の賑わい創出や異年代間の交流のきっかけづくりとなりました。
大町美麻ニューフロンティア開拓事業 美し村開拓協議会 美麻市(いち)を定期的に開催して、参加者への市(いち)民カードの発行や伝統文化ワークショップの開催などにより、交流人口の増加を図る。 1,258,619 1,194,000 年9回開催された美麻市では、参加者への市民カードの発行や伝統文化のワークショップを企画するなどにより、延べ3000人が訪れ、交流人口の増加につながりました。これからも地場産品の販売の充実を図るなど地域の特徴を生かした市の開催により、交流人口が増加することを期待しています。
大町観光道路沿い景観形成事業 北山田町桜並木のあるまちづくり委員会 「市民の森」を桜の名所として整備するため、同所に植樹されている「宇宙桜」の案内看板設置と芝張りを行い、併せて公園整備用具を収納する倉庫の設置を行う。 684,000 627,000 「市民の森」の継続的な整備により、桜の開花時期にかかわらず、多くの市民が訪れるようになりました。今後も住民協働による取り組みの継続を期待しています。
アルプス・あづみのフィールドミュージアム推進事業 アルプス・あずみのフィールドミュージアム協議会 自然環境に負担をかけない自転車を普及させ、観光振興につなげることを目的に、初心者を対象とした自転車の乗り方教室を開催する。 531,060 400,000 地域住民や観光客を対象にした自転車の乗り方教室は、多くの参加者を集め開催されました。これからも、他に実施しているスタンプラリーなどの自転車普及のための様々な活動と合わせて実施することにより、観光地内の移動手段として自転車の活用が進むことを期待しています。
農具川河川公園化事業 農具川環境美化委員会 地域住民との協働により農具川の河川公園化を推進することを目的に、ツツジやアヤメの植栽、草刈、立木伐採、清掃活動などを実施し、景観形成と環境美化を図る。 861,819 712,000 地域住民と協働した植栽活動や中学生との協働による清掃活動により、景観形成や環境美化が図られました。また、これらの取り組みにより訪れる人が増え、新たな観光地となっています。これからも息の長い取り組みを期待しています。
農村景観・農地保全への取り組み 特定非営利活動法人仁科の里造り 遊休荒廃地を整備し、開拓した畑に芝桜や菜の花などを定植し、景観の保全を図る。また、遊休荒廃地を活用した農業体験を通して農業への理解を深め、後継者の育成につなげる。 944,920 859,000 地域の課題である遊休荒廃地の解消に向けた取り組みであり、開拓した畑に芝桜などを定植して景観の保全を図りました。また、保育園児を対象に行った農業体験は子どもたちが楽しみながら農業に興味を持ってもらう機会となりました。これからも、より多くの地域住民が参加する継続的な取り組みを期待しています。
麻倉再生プロジェクト事業 麻倉プロジェクト推進の会 中心市街地にある「麻倉」を、芸術・クラフト活動の拠点として再生を図るため、海外との芸術交流プログラムや街なかギャラリー、クラフトワークショップを実施する。 2,792,598 2,792,000 メンドシーノとの芸術交流や街なかギャラリー、クラフトワークショップなどの活動は、中心市街地の活性化や芸術活動の推進につながる取り組みです。今後も、これらの取り組みを継続し、麻倉が芸術・クラフト活動の拠点となることを期待しています。
大町の湧き水によるおもてなし事業 下仲町商店街振興組合 市内中央通りの水汲み場、男清水・女清水の紹介と中心市街地の賑わい創出のため、持ち帰り用のペットボトルを市内各所に配置し、観光振興や中心市街地の活性化に役立てる。 640,400 639,000 観光客の市街地への誘導策として、男清水、女清水の水飲み場の紹介や持ち帰り用のペットボトルの無料配布により、水を通じて大町をPRするとともに、市街地の賑わい創出に寄与しました。この取り組みをきっかけとして、新たなイベントが開催されるなど広がりを見せており、今後の展開を期待しています。
まちなかウォーキングで体の健康づくりと、いきいき商店街づくり まちなかウォーキングの会 商店街を利用した健康ウォーキングや健康づくり講演会の開催、健康・栄養指導の実施により、参加者の健康増進と商店街の活性化を図る。 831,640 742,000 まちなかウォーキングの実施により、多くの参加者の健康状態に改善が見られたほか、商店の魅力を再発見し、新たな顧客となるなど、商店街の活性化にも寄与しました。今後も参加者が楽しみながら健康づくりができ、商店街の活性化にもつながる取り組みを期待しています。
女性ライフステージ健康支援プロジェクト SANBAの会 妊娠、出産、子育て、更年期、高齢女性の各ライフステージに応じた健康づくりへの支援を目的に、エクササイズをはじめ、健康・子育てへの意識を高める講演会の開催や、子育て中の母親を支援するため、多様な年代の女性が集まり、情報交換やアドバイスを行うサロンを開催する。 508,335 379,000 妊産婦から高齢女性までの各ライフステージに応じた健康づくりへの支援は近隣に例がない取り組みです。これらの取り組みにより、女性の健康づくりの大切さを広めることができ、また世代間の交流のきっかけにもなっています。今後も内容の充実を図りながら、継続した取り組みを期待しています。
「信濃大町の詩」の普及による心豊かなまちづくり事業 矢車草の会 「信濃大町の詩」の発表演奏会等の活動を通じ、歌の普及を図る。また、CDを制作し、小中学校や関係機関に配布し、県内外での大町市のPRに繋げる。 988,420 568,000 「信濃大町の詩」の普及活動は、市民が地元に愛着や誇りを持つ取り組みです。今年開催された「ヴェートーベン第九演奏会」で歌われるなど、徐々に市民の間に浸透しています。これからも学校等で広く歌われるよう普及に向けた取り組みを期待しています。
森城址再生事業 木崎湖温泉観光協会 森城址を魅力ある景勝地にし、観光客の誘客を図ることを目的に、地元住民と協働して遊歩道の整備や花壇づくりなどの環境整備を行う。また、地域住民が地域の歴史や文化を見直す機会として歴史講座を開催する。 1,981,237 1,941,000 森城址周辺の遊歩道の整備や花壇づくりなどにより、湖畔の美化が図られ、地域住民や観光客が訪れやすくなりました。また、歴史講座の開催は、地域住民が地域の歴史や文化を見直す機会となりました。今後は、森城址及びその周辺が多くの観光客の訪れる場所として再生されることを期待しています。
「ようこそ信濃大町」おもてなし事業 大町市観光協会 市民と観光関係者が一体となり、「ようこそリゾートトレイン200人テープカット」や「秋の味覚まつり」、「信濃大町まちあかり」などのイベントを開催し、観光客をおもてなしする。 1,168,710 1,168,000 テープカットでは、大勢の市民が参加し、観光客をお迎えすることができました。また、まちあかりや味覚まつりでは、大町の街並みや食の魅力をPRすることができました。今後も市民と協働した観光客をもてなす取り組みを期待しています。
観光を軸にした新たな交通ネットワーク構築事業 池田町 新型リゾートトレインの運行にあわせ、8月から12月までの日曜日に、町内観光スポットを経由しながら大糸線信濃松川駅と穂高駅を結ぶ観光客向け路線バスを運行し、鉄道の駅がない池田町におけるJR各駅からの交通手段、受け入れ体制の整備を図り、観光振興に資する。 822,221 733,000 信州DCキャンペーンや新型リゾートトレインの運行にあわせ、観光客向けの二次交通対策として町内観光スポットを巡る路線バスが運行され、一定の利用者はありましたが、今後に向けては、観光客や住民のニーズの十分な把握や、PR方法の工夫などが望まれます。
映画会でいきいき元気な地域づくり NPO法人安曇野田舎暮らし相談所 無料映画上映会を月1回(年6回)開催し、家にこもりがちな高齢者に外出と会話の機会を提供するとともに、上映会参加者の交流の機会を設けるため参加者が持ち寄った作品展示会を実施する。 721,323 519,000 無料映画会の開催や、新たに実施した展示会の開催により、地域住民の交流が図られました。映画会は交流の貴重な機会として定着しつつあり、更なる交流の拡大や地域づくりのきっかけとなることを期待します。
結び∞繋がる池田プロジェクト 結び∞繋がる池田プロジェクト 持続可能な農的暮らしを実現するため、都市部の子供たちを中心に有機農業体験を実施し、農業への理解を深めるとともに都市農村交流の活性化による交流人口の増加及び移住促進を目指す。 335,000 275,000 美しい田園景観のなかでの有機農業体験と生物観察会を通じて、都市と農村の交流が図られました。地域の資源を生かしたこうした活動は、この地域の交流人口の増加につながる可能性があることから、継続した取り組みを期待します。
マップ等制作による来訪者の滞在時間の増加及び回遊性を高める事業 池田町観光協会 観光協会及び協会加盟事業者の情報発信力強化と、観光客の町内滞在時間延長を図るため、町内の絵手紙サークルの協力を得て絵手紙を活用した観光マップを作成し、来訪者に配布する。また、マップに使用した絵手紙を活用した観光案内板を作成する。 765,000 765,000 住民の協力を得て絵手紙を活用した観光マップ、看板が作成され、町の魅力を観光客にわかりやすく伝えることができるようになりました。また、マップの作成を通じて、住民自らが街の新たな魅力を発見したり、観光事業者間の情報の共有にもつながり、今後の町全体での観光振興に向けた取り組みが期待できます。
バドミントンを通じた地域住民の健康増進事業 NPO法人ノースアルプスバドミントンアカデミー 大北地域のバドミントン競技人口の増加と、住民の健康づくりを目的に、地域住民を対象に毎月1回バドミントン講習会を開催した。 363,245 360,000 地域住民を対象としたバドミントン講習会が開催され、目標を上回る参加者がありました。今後は、大北地域の住民の体力づくり、健康増進の機会として、地域内各地での講習会開催の取り組みを期待します。
高瀬川河川敷広場整備事業 松川村 高瀬川河川敷広場内の土の入替と防球ネットの設置を行い、少年野球愛好会をはじめとする子どもたちが安全に野球などをプレーできるように整備し、青少年がスポーツに親しみやすくすることにより、スポーツを通じた健康づくりを図る。 3,465,000 2,310,000 利用者との協働により、安全に利用できる広場が整備されました。今後は、周辺施設とあわせた新たなスポーツ拠点として、一層住民に利用されることを期待します。
コミュニティ施設遊具新設事業 松川村 地域住民の憩いの場となっている広場に、地域住民と利用団体との協働で遊具を設置する。また、設置後は住民の住民による広場として管理し、広場を活用した地域活性化が図られるよう取り組む。 762,000 507,000 地域住民や施設利用者と協力して遊具の整備が行われ、施設知名度の向上や利用者の増加につながりました。こうした取り組みが、住民参加による公共施設の維持管理の契機となることを期待します。
松くい虫被害木有効利用事業 松川村 松くい虫の被害により伐採された材を利用したベンチ等を山林所有者等と協働で作成し、村内の公園等に設置することにより、森林資源の有効活用と施設利用者の利便性向上を図る。また、村民に対して松くい虫被害の現状や被害防止の必要性を周知する。 460,000 460,000 ベンチの製作や巣箱づくりを通じて、地域住民が松くい虫被害木の活用方法や被害の実情を知る機会となりました。松くい虫対策は地域としても重要な課題であり、今後も継続した取り組みを期待します。
すずの音ホール元気づくり推進事業 すずの音応援団 村営多目的交流センター「すずの音ホール」の運営と周辺公園の維持管理を地域協働で行っていくことを目的に、施設運営に携わるボランティアスタッフ(すずの音応援団)の舞台演出等の技術講習を行うとともに、周辺公園の花壇整備等を実施する。 400,000 400,000 すずの音ホールは、ボランティアが主体となった舞台運営や、周辺環境の整備により、住民に愛される施設として定着してきています。応援団の活動は住民協働による公共施設の運営方法の一つとして他地域のモデルとなる可能性もあり、今後も、住民が主体的に関わる施設運営が継続されることを期待します。
安曇野まつかわDCキャンペーン田園空間ウォーキング事業 松川村観光協会 信州DCキャンペーンに合わせ、ウォーキングイベントを開催し観光資源として定着を図るとともに、参加者と村民の触れ合いにより、もてなしの意識の向上を図る。また、村民と協働して「村人おすすめ情報」を満載したウォーキングマップを作成し、村の魅力を再認識するとともに、村民の観光への意識を高める。 1,173,000 1,072,000 村民との協働によるウォーキングイベントの開催やウォーキングマップの作成が行われ、村の魅力の発信とともに地域の素晴らしさの再認識に繋がりました。作成したマップを活用した取り組みが継続するよう期待します。
青鬼集落の歴史文化保存活用事業 白馬村 過疎化高齢化の進む青鬼地区の歴史文化を保存するため、映像化し保存を図るとともに、集落内の施設において観光客に向けて放映するなど観光振興にも活用する。 2,607,045 2,431,000 青鬼地区の歴史文化を保存した映像が制作されたことにより、地域文化の記録・保全ができました。今後は地域住民と協力して、映像をより効果的に活用できる取り組みを期待します。
“もてなしのしつらえ”花の里づくり推進事業 白馬村 村の景観形成の基本コンセプトとなる、”もてなしのしつらえ”によるエリアゾーニングに基づき、村内12地区で中低木を中心とした植栽を行い、ホスピタリティ溢れる花の里づくりを推進する。 966,000 918,000 村内12地区で植栽を行ったことにより、従来から取り組んできた花の里づくり事業の更なる推進が図られました。今後は地域住民の協力による適切な花木の管理を行うとともに、企業や個人などの理解・協力を得た全村的な活動をとなるよう事業を継続して実施されることを期待します。
白馬村有害鳥獣対策罠及び罠用発信機設置事業 白馬村 数年前から増加しているイノシシをはじめとした有害鳥獣駆除の効率化を図るため、くくり罠の増設(7基)と罠用発信機(15基)の設置を行う。また、地元農家を対象に、被害防止の理解を深める講習会を開催する。 267,045 267,000 くくり罠の増設と罠用発信機の設置により捕獲効率の向上が図られるとともに、猟友会の確認作業の労力が軽減されました。また、地元農家を対象とした講習会の開催により、有害鳥獣対策への地域住民の一層の理解向上が図られました。
観察会と山野草シンポジウム事業 NPO法人白馬郷土山野草友の会 生物多様性保全の観点から、地域に旧来からある山野草の再生活動を周知するため、白馬村内で復元再生してきた山野草の観察会と生物多様性保全に関する講演会を開催する。 645,578 613,000 山野草の観察会と講演会を開催することにより、地域に旧来からある山野草再生の取り組みの重要性を周知できました。今後もより多くの地域住民の理解協力を得ながら活動が継続されることを期待します。
観光ボランティアの育成事業 白馬五竜観光協会 グリーンシーズンの観光振興と、スキースクールスタッフの通年雇用を図るため、地域の観光スポットや歴史などを自転車に乗りながら案内するツアーガイドを育成する。 898,767 898,000 自転車を利用した観光ツアーガイドの育成を目的に講習会を開催し、自転車の基本的な取扱技術は習得することが出来ました。今後は、ツアーガイドとして本格的に活動するために必要な知識や技能を計画的に習得させるなど、早期の対応が望まれます。
野平地区に花の潤いと古道整備事業 白馬野平区 白馬村野平地区の住民が遊休荒廃地70aに協働で菜の花を植栽し、景観形成と観光振興を図るとともに、菜種油を採取し、将来的には販売による収入増を目指す。また、野平から長野市鬼無里へ向かう古道(柄山峠)を整備し、トレッキングや散策による観光客増を図る。 401,878 401,000 野平から長野市鬼無里へ向かう古道(柄山峠)の整備や地区内の菜の花畑の整備により、区民や行政との協働による地区の景観が形成できました。今後は古道のガイドを育成するなどのソフト面の充実を期待します。
景観・まちづくり連絡協議会設立運営事業 NPO法人まちづくり白馬友の会 白馬村内の景観・まちづくりに関わる活動をしている団体のネットワーク化を推進するとともに、一般村民に対して取り組みの周知を図るため、連絡協議会を作り、ワークショップ、シンポジウム、ウォーキングイベントを開催する。 295,292 295,000 景観・まちづくりに関わる団体の連絡協議会の立ち上げにより各団体のネットワーク化が図られるとともに、ワークショップ、シンポジウム、ウォーキングイベントが開催されたことを通じて、多くの村民に景観・まちづくりの活動が周知できました。今後もネットワークを中心とした活動の継続を期待します。
区民憩いの広場づくり事業 新田区 新田区民の憩いの広場をつくり、区民交流の場とするとともに、観光客誘客を図るため、伝行山一帯の公園化を図る第1段階として「鯉池」と呼ばれる池を改修する。また池への侵入路を拡幅、バリアフリー化する。合わせて池周囲の芝張り、植栽を行う。 4,515,000 3,000,000 区民の憩いの場整備の一環として「鯉池」の改修ができました。今後は公園の具体的な活用方法などを明確にして取り組まれることを期待します。
白馬の小径再編成事業 一般社団法人
白馬村観光局
「白馬小径」と呼ばれる村内の全長35kmに及ぶ道を5つのエリアに細分化し、49.8kmの新たなコースに再編成するに伴い、全体マップと5つの各エリアマップを作成する。合わせて、外国人旅行者向けのパンフレットを作成するためにマップの英訳を行う。また、新たなコースに対応した道標を設置する。 2,170,000 2,170,000 全体マップ及びエリアマップの完成や道標の設置など、既存の「白馬小径」の再整備が進んだことにより「白馬小径」が観光素材として注目を集めるようになりました。また、英訳マップの作成により外国人観光客の利便性も向上するなどインバウンド対策も推進されたほか、道標の設置時から今後の維持管理や周辺美化にまで地域住民が関わっており、協働性も高い事業です。
白馬村の地域文化発信事業 一般社団法人
白馬村観光局
山間で自然と共生し、多くの旅客を受け入れてきた村民の智恵と生活・歴史・食文化の掘り起こしに着目し、地域振興と地域文化を発信できる枠組みを構築するため、郷土食料理講習会や外国人向けに日本文化体験を行う。 877,169 555,000 郷土食講習会により郷土食の提供店舗が増加するとともに、外国人観光客を対象にした日本文化体験の実施により誘客が図られました。今後は一層のサービスの充実を図るとともに他の観光プログラムとの連携など新たな取り組みについても期待します。
白馬ガレット大作戦! 白馬商工会 白馬ガレットの品質管理と村内外への発信力向上のため、覆面調査員による推奨店発掘調査を行うとともに、信州DCに合わせてガレットを主体としたスタンプラリーを開催する。 2,148,483 2,064,000 覆面調査員による推奨店発掘調査や信州DCに合わせて実施されたスランプラリーに多くの観光客や地域住民が参加した結果、前年比で6割以上の店舗でガレットの提供数が増加し、提供者側の意欲向上に繋がるとともに、ご当地食としてのガレットの認知度を高めることができました。
山岳スポーツの歴史と文化を地域の観光資源に活かす「白馬・山とスキーの総合資料館」運営事業 財団法人
八方振興会
山岳スポーツの歴史と文化を地域住民の手で体系化し、観光資源とすることで地域活性化を図ることを目的に、「白馬・山とスキーの総合資料館」の開設に必要な展示室の改装やディスプレーの整備を行うとともに、地域住民が参加するイベント等を開催する。 8,825,642 4,300,000 「白馬・山とスキーの総合資料館」が開設され、地域の歴史文化を継承するための拠点が整備されました。入館者も大幅に増加しており、今後は、観光拠点としての機能も期待できます。
木流し地蔵コミュニティ事業 白馬町区 白馬駅から「木流し笠地蔵」や「木流し川詩の小径」、「大出の吊り橋」方面に向かう観光客を誘導するため、石柱による道しるべを設置する。 453,000 453,000 石柱による道しるべを設置したことにより、周辺観光地への観光客の誘導が容易になりました。今後も詩の小道など近隣の観光地への誘客努力を期待します。
四十九院のこぶし周辺整備事業 四十九院のこぶし保存会 新たな観光地として脚光を浴びつつある四十九院のこぶし周辺の整備に取り組み、魅力を高めることを目的として、周辺の下草刈り、雑木の伐採、誘導看板の設置等を行うとともに、菜の花を植栽する。 285,310 285,000 四十九院のこぶし周辺の整備を実施したことにより、観光地としての魅力を高めることができました。今後も整備を継続されるとともにPRを強化するなど、一層の魅力向上を期待します。
おらほのグランド"AlaNuebo"芝生化プロジェクト NPO法人
アラヌエボ
地域のスポーツコミュニティの中心として地域住民や地元サッカーチームがだれでも使える「おらほのグランド」を協働作業によりグランドを芝生化する事業である。作業には申請団体をはじめ、地元住民や少年サッカーチームのメンバー及び保護者らが当たる。完成後は地域活性化を目的としたサッカー大会の開催も開催する。 1,038,818 1,025,000 地域住民との協働作業でグラウンドを芝生化することにより、地域住民や地元サッカーチーム等誰でも使えるグラウンドが整備できました。今後も芝生の育成をはじめとした維持管理を継続されることを期待します。
間伐材利用普及促進事業 小谷村 都市農村交流の拠点である中谷郷「おらが里」において、都市からの体験学習を受け入れる際に不足となっているトイレを間伐材を活用して建設し、森林資源の価値を認識させるとともに、受け入れ態勢の整備により交流を促進させることを目的とする。 3,454,500 2,000,000 間伐材を活用し森林資源のよさを感じることができるトイレを建設したことで、体験学習の受け入れ態勢が整備されました。今後、都市農村交流が一層促進されることを期待しています。
栂池地区の生ごみ堆肥化実践事業 NPO法人
つがの木
小谷村栂池地区においてごみの減量化や農産物による地域活性化を図るとともに景観形成による地域の魅力を向上させるため、生ごみの堆肥化を行う。 969,800 639,000 堆肥化棟の増設や新規実践者向けの講習会・見学会を実施し、生ごみの減量化が図られました。今後は、より多くの地域住民の賛同と参加を得て事業を継続されることを期待します。
信州ノルディックウォークプレミアリーグのキックオフ創出事業 小谷村商工会 都道府県単位では全国初となる信州ノルディックウォークプレミアリーグが設立された。リーグのPRのため横断幕、のぼり旗、パンフレット等を製作する。また、ホームページも合わせて製作する。 427,205 397,000 信州ノルディックウォークプレミアリーグの横断幕、のぼり旗、パンフレット、ホームページ等を制作してPRを行ったことにより、各大会の参加者が増加しました。また、リーグに新規参加する大会もあり、一層の広がりが期待できます。
都市と農村の交流を通した地域の文化芸能の伝承事業 小谷山村留学育成会 村の伝統芸能文化を末永く伝承していくため、地域の伝統芸能を織り込んだ創作劇を制作し、村民が出演し上演することにより、都市農村交流を図るとともに、自然と文化の村としてPRすることであらたな観光スポットとなることを目指す。 1,342,520 1,330,000 地域の伝統芸能を織り込んだ創作劇を制作、村民出演で上演したことにより、地域住民の間に地域の伝統芸能継承の機運を高めることとができました。また、観客である都市住民に地域の文化を紹介することで交流を深めることができました。
北アルプスの里!地域活性化推進事業 北アルプス広域連合 観光情報をまとめた圏域イメージビデオや広域観光パンフレットを作成し、広域観光のPRのために活用する。また、1日農家レストランを開催し、地元食材や料理を紹介するとともに、圏域内の人々の交流・情報交換を行う。 4,034,088 3,500,000 広域観光パンフレットやDVDの作成は、圏域全体をPRする新たな取り組みであり、信州DCに合わせて大北地域をPRできました。また、1日農家レストランは、地域食材のよさを広く知ってもらう機会となりました。これからも市町村と連携した広域的な観光振興の取り組みを期待しています。
北アルプス山麓ブランド商品化推進・事業者自律プロジェクト事業 北アルプス山麓ブランド認定事業者協議会 北アルプス山麓地域の農畜産物をブランド化することにより、地域の活性化につなげるため、「北アルプス山麓ブランドの日」の開催等の販売促進活動やテレビ番組の制作等の広報活動を行う。 3,150,000 3,150,000 北アルプス山麓ブランドは、農業振興をはじめ、観光業や商業など地域経済の活性化につながることから、大北地域を挙げて取り組んでいる事業です。これからも農畜産物の魅力向上や販売促進に向けた継続的な取り組みを期待しています。
消費不況に打ち勝つ北アルプス山麓農畜産物販売戦略プロジェクト 大北地区農業振興推進協議会 地元の宿泊施設に地元農産物に関する需要や要望などのアンケート調査を行い、要望があった品目を農家との協働により試験栽培し、宿泊事業者に提供すること等の取組みを行い、地元農産物の販路拡大につなげる。 537,176 537,000 地元農産物を地元の宿泊施設で提供しようとする取り組みは、地産地消の面からも大切です。今回の取り組みは、宿泊事業者にとって新たな地元食材を知る機会となり、一部の農産物は新規契約に結び付きました。今後は流通体制を確立し、地元農産物の販路拡大につながることを期待しています。
北アルプス塩の道浪漫ウォーク事業 長野県商工会連合会北安曇支部広域協議会 広域連携による塩の道のPRと信州DC等のPRのため、塩の道を糸魚川から穂高まで歩くウォーキングイベントを開催する。 971,092 875,000 塩の道等のPRを県境をまたいだ広域的な取り組みとして実施できたことは画期的でした。一方で、参加者不足により事業規模を縮小して実施されたことから、多くの人が参加しやすいイベントとして開催する工夫が必要です。
大糸線ゆう浪漫プロジェクト 北アルプス観光協会 大糸線を核とした広域観光プロジェクトとして、大北地域の市町村及び安曇野市が広域的に連携し、北アルプス山麓・安曇野地域をPRするために、広域観光パンフレットやおもてなしイベントを開催する。 968,000 968,000 信州DC及びリゾート列車の運行に合わせ、地域が一体となって観光PRを展開し、地元住民と協働して観光客をおもてなしすることができました。今後もおもてなしメニューの充実や大糸線沿線の二次交通との連携など、受け入れ体制の整備が進むことを期待しています。

 

 

なお、内定額等についてはこちらからご覧いただけます。

 

・平成22年度地域発 元気づくり支援金【大北地域】の概要

・選定事業一覧

・大北地区 地域づくり事業成果発表

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県北アルプス地域振興局企画振興課

長野県大町市大町1058-2

電話番号:0261-23-6501

ファックス番号:0261-23-6504

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?