ホーム > 木曽建設事務所 > きそけんお知らせ. > 令和元年度大工体験授業の事業効果について

ここから本文です。

更新日:2019年12月25日

木曽建設事務所

令和元年度大工体験授業の事業効果について ~木曽の”匠”を育む~

1.事業の概要

木曽地域における木造建築物の担い手確保に向けた啓発事業について

 平成28年度からの建設部の5ヶ年重点事業として、大工技能者の仕事の魅力を伝えることによる木造建築物の担い手の確保・育成を図るため、中学校への大工技能者派遣(木材加工の実演指導によるキャリア教育)の促進、関係団体と連携した中学生の職業体験(インターンシップ)の機会拡大を図り、将来の担い手となる中学生への啓発を実施しています。

 「木曽の“匠”」を育成するためには、最低でも5年以上事業を継続することが重要と考え、木曽地域の小・中学校長会会長に事業概要及び趣旨を説明し、校長会にて検討していただき、実施する学校を決定いただきました。

 木造建築担い手育成啓発事業概要
  • 中学校へ大工技能者を4名派遣
  • 大工技能者個人の就業意欲に触れる
  • 木材カンナ削りの実演・体験指導等
  • 木製小椅子等の作成体験(材料支給)

令和元年度における実施状況

 平成30年度に実施した大桑村立大桑中学校、南木曾町立南木曽中学校に加え、木曽町立日義中学校において実施し、総勢66名の中学1年生に大工体験授業を受けていただきました。実施日時および対象生徒は下記のとおりです。

<大桑中学校>

○開催日時 令和元年6月25日(火) 午前10時50分~12時40分

○対象生徒 1年生(25名)

<日義中学校>

○開催日時 令和元年7月2日(火) 午後2時00分~3時40分

○対象生徒 1年生(12名)

<南木曽中学校>

○開催日時 令和元年7月9日(火) 午前10時50分~12時40分

○対象生徒 1年生(29名)

2.事業効果の検証・考察

体験授業を受けていただいた生徒にアンケートを実施し、事業の効果について検証しました。

詳細については下記をご確認ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県木曽建設事務所整備・建築課

木曽郡木曽町福島2757-1

電話番号:0264-24-2211

ファックス番号:0264-22-4028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?