ホーム > 木曽建設事務所 > きそけんお知らせ. > 国土交通大臣表彰ならびに道路功労者表彰の伝達式を行いました。

ここから本文です。

更新日:2019年9月3日

国土交通大臣表彰ならびに道路功労者表彰の伝達式を行いました

道路の愛護や整備等に努め、特に顕著な功績があったとして、木曽管内の道路愛護団体2団体が、国土交通大臣表彰ならびに公益社団法人日本道路協会による道路功労者表彰を受賞し、8月29日木曜日に、表彰状の伝達を木曽建設事務所所長室において行いました。

須原地区環境整備実行委員会(大桑村)について

国土交通大臣表彰を受賞した「須原地区環境整備実行委員会」の皆様は、50年以上、道路アダプト団体としては約10年にわたり県道須原大桑停車場線の道路敷の清掃、法面を含むの草刈り、また須原宿の水舟に模した木製の花壇を作成し、花の植栽、水やり等の作業を続けてくださいました。 

当団体が活動をされている場所は、旧中山道の須原宿にあたり、江戸時代の面影を残す景観を楽しむため、県内外をはじめ、近年では海外から外国人観光客も多く訪れています。この活動により、良好な道路環境が保たれているほか、花壇の植栽を行うことで宿場町の情緒漂う景観に潤いをもたらしており、その功績が顕著であるとのことから今回の受賞となりました。

上松町島区について

道路功労者表彰を受賞した「上松町島区」は、「街道花いっぱい運動」として平成22年度に区内の県道沿線約2kmに桜、楓、山ぼうし、花桃等の植栽を行ったのをきっかけに活動を開始し、平成25年度からは、アダプト団体として道路敷の清掃、一帯の草刈り、花の植栽、水やり、草刈り等の作業等の道路愛護活動を推進されています。

当団体が活動されている場所は、木曽谷を代表する景勝地「寝覚の床」や「赤沢自然休養林」が近くにあり、県内外からの観光客の多くが県道を利用します。そのような場所においての清掃活動等による沿道美化や、花木の植栽による環境整備は、観光資源の潜在価値と地域の魅力を向上させ、地域の安心安全を作り出すものとして、好評を博しているとのことから今回の受賞となりました。

道路功労者表彰伝達式の様子

こ

表彰状を受け取る大桑村「須原地区環境整備実行委員会」の長岡さん

く

 表彰状を受け取る「上松町島区」の神田さん

こ

木曽建設事務所米倉所長からの祝辞

う

伝達式終了後の記念撮影

大桑村「須原地区環境整備実行委員会」の皆様、「上松町島区」の皆様、おめでとうございます。

お問い合わせ

木曽建設事務所維持管理課

電話番号:0264-25-2241

ファックス:0264-22-4028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?