ホーム > 木曽農業農村支援センター > 令和2年度 地域情報 > 「病害虫に負けない産地を目指して」ハクサイにおける病害虫の発生状況を調査しています

ここから本文です。

更新日:2020年10月13日

木曽地域振興局

「病害虫に負けない産地を目指して」ハクサイにおける病害虫の発生状況を調査しています

木曽地域では高標高地帯の冷涼な気候を利用しハクサイが栽培されています。しかし近年は夏場の高温・干ばつ・長雨・ゲリラ豪雨などにより病害虫が発生する条件が揃いやすくなり、対策技術の確立が急務となっています。

そこで本年は6月から毎週1回、ハクサイが栽培されている木祖村と木曽町開田においてハクサイに発生する病害虫調査を実施しています。

調査したデータはJAや生産者と共有することで、病害虫発生の注意喚起や防除の周知に活用しています。今後、畑での病害虫発生結果を農薬散布履歴や天候経過などと照らし合わせ検討を重ねることで、次年度一層現場の病害虫対策につながるよう支援していきます。

ハクサイ調査1

お問い合わせ

所属課室:長野県木曽地域振興局木曽農業農村支援センター

担当者名:技術経営普及課

木曽郡木曽町福島2757-1

電話番号:0264-25-2230

ファックス番号:0264-22-4346

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?