ホーム > 木曽地域振興局 > 木曽地域振興局の紹介 > 農政課 > 木曽のそば推進協議会

ここから本文です。

更新日:2019年10月18日

木曽地域振興局

木曽のそばイベント情報

そば表紙

「❝そば切り発祥の地❞でソハキリat定勝寺」

日時:第1回 令和元年11月20日(水曜日)午前10時30分~午後1時

 第2回 令和元年11月27日(水曜日)午前10時30分~午後1時

場所:定勝寺(木曽郡大桑村須原831-1)庫裡

内容:そば切りの史実を学ぶ会、そば打ち体験会

受講料:一人2,000円

参加申込:事前予約制 先着各回20名、締切:11月13日(水曜日)

お申込に関する詳細については、次のプレスリリースや開催要領をご覧ください。

プレスリリース

開催要領(PDF:107KB)

申込様式(ワード:27KB)

木曽のそば推進協議会の概要

1目的と活動

ろご木曽地域は冷涼で寒暖差が大きい気象条件であるため、香りの高い良質な「そば」が生産されます。また、「そば切り」の発祥の地と言われるようにそばの歴史もあります。このようなことを考慮し、さらに木曽産のおいしいそばで地域振興を図るために、木曽管内のそば生産者、そば店及びそば製粉・製麺会社並びに関係機関・団体等が連携した木曽のそば推進協議会を平成26年5月27日に設立しました。活動としては、そば店が求めるさらに良い品質のそばを供給するため、そばの生産者を対象に木曽産そばの栽培や収穫調製に係る講習会、先進地視察研修会を実施しています。また、木曽産そばを利用するそば店については、PR啓発資材の配布等によるPR活動や、スタンプラリーの開催による木曽のそばの需要拡大を図っています。

2組織

銘板参加団体:そば生産組織、そば製粉・製麺業者、そば店、行政機関等関係団体で組織され、平成26年5月に設立されました。協議会設立前には、木曽のそばを扱うそば店は26店でしたが、設立を機に機運が高まり、現在では34店が加入しています。

加盟店には、左の木曽ヒノキ製の会員証(銘板)が配布されています。

スタンプラリー参加店(PDF:2,853KB)

スタンプラリーマップ(PDF:3,662KB)

 

3そば店等の加入条件

ざるそば新そばの時期等において、「木曽のそば」を使用したメニューを1か月以上の期間提供できること。ただし、「木曽のそば」とは、当該メニューの原材料のそば粉が、100%木曽地域で栽培した木曽産玄そば由来のものだけを指しています。

 

「すんきそば」とは?(PDF:88KB)

4活動内容

 

平成29年度活動経過(設立4年目)(PDF:411KB)

平成28年度活動経過(設立3年目)(PDF:513KB)

平成27年度活動経過(設立2年目)(PDF:1,348KB)

平成26年度活動経過(設立初年目(PDF:974KB)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県木曽地域振興局農政課

担当者名:千野博敏

長野県木曽郡木曽町福島2757-1

電話番号:0264-25-2221

内線:2342

ファックス番号:0264-22-4346

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?