ホーム > 木曽農業改良普及センター > 地域情報 > 県スマート園芸体験事業を利用したアシストスーツの貸し出しが始まりました

ここから本文です。

更新日:2019年7月31日

木曽農業改良普及センター

県スマート園芸体験事業を利用したアシストスーツの貸し出しが始まりました

スマート農業技術を加速的に普及し、野菜等の園芸品目の生産性向上、省力化を図ることを目的に、本年度からスマート農業体験事業が始まりました。

農作業の負担軽減を図るため、アシストスーツを導入して、7月31日からハクサイ生産者に貸し出しを行っています。木祖村及び木曽町開田高原のハクサイ農家17名に順番に貸し出し、最も負担が大きい収穫作業だけではなく、種まきや間引きといった様々な作業にも活用してもらい、適する作業や負担の軽減程度、使いやすさなどについて評価しています。評価結果をとりまとめアシストスーツを導入する上での課題を把握し、解決しながら普及を図っていきます。

 

 

アシストスーツを装着した作業風景

 

お問い合わせ

所属課室:長野県木曽農業改良普及センター 

長野県木曽郡木曽町福島2757-1

電話番号:0264-25-2230

ファックス番号:0264-22-4346

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?