ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 予算 > 公的資金補償免除繰上償還

ここから本文です。

更新日:2015年6月22日

水道事業の公的資金補償金免除繰上償還について

長野県水道事業では公債費負担の軽減を図るため、繰上償還に必要な補償金が免除される国の制度を活用し、水道施設等の建設に要した高利率の借入資金(6%以上)について繰上償還を実施しました。

通常、繰上償還を行う場合は、残存償還期間に係る利子相当額を「補償金」として支払う必要がありますが、この補償金を免除する国の制度(平成19~20年度における当初制度及び平成22年度における延長制度)を活用したことにより、総額7億9,400万円余の支払利息が軽減されます。

  • 平成19~20年度(当初制度)における支払利息軽減効果:7億6,897万円余
  • 平成22年度(延長制度)における支払利息軽減効果:2,534万円余

なお、この公的資金補償金免除繰上償還を実施するにあたっては「公営企業経営健全化計画」を策定することが条件とされており、本県水道事業においてもこの計画を策定し、総務大臣及び財務大臣の承認を受けております。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企業局 

電話番号:026-235-7372

ファックス:026-235-7388

財務係

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?