ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 予算 > 平成26年度予算の概要 > 平成26年度当初予算案の概要 > 平成26年度当初予算の要求概要(企業局)

ここから本文です。

更新日:2014年12月15日

平成26年度当初予算の要求概要(企業局)

企業局は、地方公営企業法に基づき予算の編成等を行い、また、各事業にかかる経費は主に料金収入により賄っているため、公表形式については一般会計と異なっていますのでご了承ください。

要求の概要

電気事業

収益的収支

(消費税込み、損益は税抜き)

区分

26年度要求額
(A)

25年度当初予算額
(B)

差引増減
(A)-(B)

(A)/(B)

%

収入

3,808,339千円

3,135,630千円

672,709千円

121.5

支出(1)

3,391,041千円

2,647,385千円

743,656千円

128.1

差額

(損益)

417,298千円

(373,190千円)

488,245千円

(479,716千円)

マイナス70,947千円

(マイナス106,526千円)

85.5

(77.8)

資本的収支

(消費税込み)

区分

26年度要求額
(A)

25年度当初予算額
(B)

差引増減
(A)-(B)

(A)/(B)

%

収入

608,036千円

8,357千円

599,679千円

7275.8

支出(2)

1,676,593千円

1,331,817千円

344,776千円

125.9

差額

マイナス1,068,557千円

マイナス1,323,460千円

254,903千円

80.7

 

支出総計(1)+(2)

5,067,634千円

3,979,202千円

1,088,432千円

127.4

要求のポイント

収入

収益的収入のうち、料金収入は、電力受給契約(卸供給分)の改定年であることから、現時点の改定見込額で計上しました。

資本的収入では、資金需要を考慮し、平成13年度以来となる建設改良事業の財源となる企業債(借入金)を計上しました。

支出

資本的支出では、老朽化した水力発電設備の更新を行うための経費や新規発電所2箇所の建設費用を計上しました。

主要事業の概要

主要事業の概要(PDF:70KB)

水道事業(末端給水事業)

収益的収支

(消費税込み、損益は税抜き)

区分

26年度要求額
(A)

25年度当初予算額
(B)

差引増減
(A)-(B)

(A)/(B)

%

収入

4,384,970千円

3,465,746千円

919,224千円

126.5

支出(1)

3,749,927千円

3,355,938千円

393,989千円

111.7

差額

(損益)

635,043千円

(535,988千円)

109,808千円

(52,675千円)

525,235千円

(483,313千円)

578.3

(1,017.5)

資本的収支

(消費税込み)

区分

26年度要求額
(A)

25年度当初予算額
(B)

差引増減
(A)-(B)

(A)/(B)

%

収入

1,247,234千円

1,167,664千円

79,570千円

106.8

支出(2)

3,077,691千円

2,933,214千円

144,477千円

104.9

差額

マイナス1,830,457千円

マイナス1,765,550千円

マイナス64,907千円

103.7

 

支出総計(1)+(2)

6,827,618千円

6,289,152千円

538,466千円

108.6

要求のポイント

収入

収益的収入のうち、料金収入は、給水戸数、有収水量など業務の予定量を見込み、計上しました。

支出

資本的支出について、長野県営水道事業経営ビジョンに沿い、施設の耐震化や更新等を進めるための経費を計上しました。

主要事業の概要

主要事業の概要(PDF:76KB)

水道事業(用水供給事業)

収益的収支

(消費税込み、損益は税抜き)

区分

26年度要求額
(A)

25年度当初予算額
(B)

差引増減
(A)-(B)

(A)/(B)

%

収入

1,635,583千円

1,291,849千円

343,734千円

126.6

支出(1)

1,185,322千円

1,027,986千円

157,336千円

115.3

差額

(損益)

450,261千円
(372,965千円)

263,863千円

(236,259千円)

186,398千円

(136,706千円)

170.6

(157.9)

資本的収支

(消費税込み)

区分

26年度要求額
(A)

25年度当初予算額
(B)

差引増減
(A)-(B)

(A)/(B)

%

収入

300,000千円

0千円

300,000千円

皆増

支出(2)

1,132,792千円

745,549千円

387,243千円

151.9

差額

マイナス832,792千円

マイナス745,549千円

マイナス87,243千円

111.7

 

支出総計(1)+(2)

2,318,114千円

1,773,535千円

544,579千円

130.7

要求のポイント

収入

資本的収入では、資金需要を考慮し、平成22年度以来となる建設改良事業の財源となる企業債(借入金)を計上しました。

支出

資本的支出では、長野県営水道事業経営ビジョンに沿い、施設の耐震化等を進めるとともに、安定供給を図るため、浄水池の増設工事にかかる経費を計上しました。

主要事業の概要

主要事業の概要(PDF:76KB)

事業体系(PDF:52KB)

事業改善シート一覧表

注)

  1. 平成26年度から、地方公営企業会計制度の見直しにともなう新会計基準を適用しました。新会計制度への移行に伴い臨時的に発生する収益、費用を特別利益・損失に計上しました。
  2. 収益的収支は、主に営業活動に係る収入及び支出を表します。また、支出額には減価償却費等の現金支出を伴わないもの(損益勘定留保資金)を含みます。
  3. 資本的収支は、主に設備投資に係る収入及び支出を表します。なお、収入が支出に対し不足する額は、損益勘定留保資金等で補てんします。
  4. 損益は、収益的収支の差額から消費税相当額を控除したものです。

 

<お問い合わせ先>
予算要求に対する御意見・御要望は、企業局財務係へ平成26年1月17日(金曜日)までにお寄せください。
FAX:026-235-7388

E-mail:kigyo@pref.nagano.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企業局 

電話番号:026-235-7372

ファックス:026-235-7388

財務係

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)