ホーム > 社会基盤 > 上下水道・電気 > 電気 > 長野県の公営電気事業 > 水素エネルギーの活用

ここから本文です。

更新日:2019年6月13日

水素エネルギーの活用

長野県企業局では、将来の事業の可能性を見据え、企業局の電気(水力発電所の電力)と水(川中島の地下水)を用いた、100% 再生可能エネルギー由来の水素ステーションを県内で初めて整備するとともに、燃料電池自動車(FCV)を導入しました。
水素の生成と利活用を通じて、再生可能エネルギーの安定供給や災害時の電源供給の可能性等の実証を進めるとともに、水素エネルギーによる脱炭素社会の構築や産業の振興に向けた、関係部局や民間企業が行う取組みに参画していきます。

  水素ステーション 燃料電池自動車

  川中島水素ステーション(長野市川中島) 燃料電池自動車(ホンダ クラリティ)

川中島水素ステーションパンフレット(PDF:8,902KB)


『川中島水素ステーション』開所式を開催しました(令和元年4月26日)

『信州花フェスタ2019「まるごと信州わくわくデー」』に出展しました(令和元年4月27日~29日)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企業局 

電話番号:026-235-7375

ファックス:026-235-7388

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?