ホーム > 社会基盤 > 上下水道・電気 > 電気 > 長野県の公営電気事業 > 長野県の電気事業について > 地域への貢献、地域との共存・共栄 > 電気事業利益による地域貢献

ここから本文です。

更新日:2018年6月20日

電気事業利益による地域貢献

基本方針

電気事業による利益の一部を活用し、水源林の保全、未来を担う子どもたちへの支援に加え、平成29年度からは県が率先して取り組む省エネルギー対策についても支援するなど、積極的に地域貢献へ取り組みます。

事業内容

名称等

内容

実施時期

繰出総額

自然エネルギー地域基金 県の自然エネルギー普及拡大施策を支援 平成26~28年度 5億円
次世代に引き継ぐ信州の森林(もり)づくり支援事業

森林づくり県民税が活用されない奥山水源林の整備等を支援

suigennrinn

平成27~29年度 3千万円
こどもの未来支援基金への繰出し(全国初)

将来の科学技術を担うこどもたちの就学等を支援

hosinokansoku

(高校生による産学実験・実習授業への支援、「星の観測実習」)

平成28年度から10年間 5億円
全国植樹祭への支援

豊かな水資源を次世代に引き継ぐため、持続的な森林づくりの推進を開催理念とする「第67回全国植樹祭」を支援

syokujyusai

平成28年度 1千万円

省エネルギー推進支援積立金からの繰出し

 

 

 

県有施設の省エネルギー対策に係る新規事業を支援 平成29年度から37年度 4.5億円
地方創生積立金からの繰出し

 

次代を担う子どもたちの教育環境整備支援(県立学校への電子黒板、タブレットの導入等)

平成30年度 4億円
第42回全国高等学校総合文化祭長野大会への支援

 

科学技術部門(自然科学・工業)の大会運営支援、参加予定人員(2部門)約1,000人

平成30年度 1千万円

お問い合わせ

企業局 

電話番号:026-235-7375

ファックス:026-235-7388

電気事業課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?