ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > Bリーグ初 信州ブレイブウォリアーズの脱炭素チャレンジ~信州の水でつくられた電気による「CO₂フリーゲーム」開催~

ここから本文です。

更新日:2021年2月16日

Bリーグ初 信州ブレイブウォリアーズの脱炭素チャレンジ
~信州の水でつくられた電気による「CO₂フリーゲーム」開催~

長野県(企業局)プレスリリース令和3年2月16日

2月27日(土曜日)、28日(日曜日)、松本市総合体育館で行われる信州ブレイブウォリアーズのホームゲームに、企業局が運営する水力発電所でつくられた「信州Greenでんき」と川中島水素ステーションの水素を用いた電気が利用されます。地元産のCO₂フリー電気を活用した試合の開催は、Bリーグで初めてです。

日時

令和3年2月27日(土曜日) 15時05分 試合開始

     2月28日(日曜日) 14時05分 試合開始

B.LEAGUE「信州ブレイブウォリアーズ」vs「新潟アルビレックスBB」

※詳細は別紙(共同プレス資料)参照

会場

松本市総合体育館(松本市美須々5-1)

実施内容等

地元プロバスケットボールチーム「信州ブレイブウォリアーズ」のホームゲームが、信州の水でつくられた電気による「CO₂フリーゲーム」として開催されます。

企業局では、水力発電所に由来するCO₂フリー電気と、水で作られた信州産のエコな「水素」を活用し、試合会場等へCO₂を排出しない電気を供給することで、環境への配慮に加えて、エネルギーの地産地消も実現します。

※会場にてFCV(燃料電池自動車)の見学会・給電体験会(屋外)を同時に開催します。

 

(参考)企業局川中島水素ステーション

企業局の水力発電所の電力と水(川中島の地下水)を用いた100%再生可能エネルギー由来の水素を生成しています。

詳細は下記ホームページをご覧ください。

https://www.pref.nagano.lg.jp/hokuhatsu/sisetu/h2station.html

協力

関東経済産業局、長野県企業局、多摩大学ルール形成戦略研究所、ユニファイド・サービス株式会社

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企業局 

担当者名:(課長)小林史人(担当)池田忠史

電話番号:026-235-7375

ファックス番号:026-235-7388

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?