ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和2年(2020年)1月プレスリリース資料 > 環境配慮型の復興応援イベント「信州ブレイブウォリアーズ」ホームゲーム~信州産のエコな「水素」を活用してCO2削減にチャレンジ~

ここから本文です。

更新日:2020年1月22日

環境配慮型の復興応援イベント「信州ブレイブウォリアーズ」ホームゲーム~信州産のエコな「水素」を活用してCO2削減にチャレンジ~

長野県(企業局)プレスリリース令和2年1月22日

1月26日(日曜日)、千曲市のことぶきアリーナ千曲で行われる信州ブレイブウォリアーズのホームゲームに、企業局川中島水素ステーションの水素を用いた電気が利用されます。

日時

令和2年1月26日(日曜日)14時試合開始

B.LEAGUE「信州ブレイブウォリアーズ」vs「東京エクセレンス」

会場

ことぶきアリーナ千曲(長野県千曲市杭瀬下2-1)

実施内容等

地元プロバスケットボールチーム「信州ブレイブウォリアーズ」のホームゲームが、環境にやさしい「水素」を加えた復興イベントとして開催されます。

企業局では、長野県の水力発電と水でつくられたCO2を排出しない信州産のエコな「水素」を活用してブース等へ電源を供給することで、環境への配慮に加え、エネルギーの地産地消も実現します。

当日会場にてFCV(燃料電池自動車)の見学会・給電体験などを同時に開催します。

水素を用いた電気の供給は、令和元年12月5日に行われたU2来日公演の『ヨシュア・トゥリー・ツアー2019』及び12月21日・22日に行われた「LUNA SEA 30th Anniversary LIVE LUNATIC X'MAS 2019」(いずれも「さいたまスーパーアリーナ」で開催)でも実施されましたが、県内では初のイベントとなります。

過去の取り組みは下記ホームページをご覧ください。

世界的ロックバンド「U2」と信州発再生可能エネルギー「水素」を用いたコラボレーションが実現!

LUNA SEAと信州発再生可能エネルギー「水素」を用いた電気とのコラボレーションが実現!

 

(参考)企業局川中島水素ステーション

企業局の水力発電所の電力と水(川中島の地下水)を用いた100%再生可能エネルギー由来の水素を生成しています。

詳細は下記ホームページをご覧ください。

https://www.pref.nagano.lg.jp/hokuhatsu/sisetu/h2station.html

協力

関東経済産業局、長野県企業局、千曲市、多摩大学ルール形成戦略研究所、ユニファイド・サービス株式会社

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企業局 

担当者名:(課長)青木千明(担当)池田忠史

電話番号:026-235-7371

ファックス番号:026-235-7388

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?