ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県の組織一覧(本庁) > 建築住宅課紹介 > 平成29年度”信州の木”建築賞の作品を募集します > ”信州の木”建築賞の受賞者が決定しました

ここから本文です。

更新日:2017年7月31日

”信州の木”建築賞の受賞者が決定しました

 今年度創設した県内のすぐれた木造建築物を表彰する”信州の木”建築賞を募集したところ、22作品の応募があり、審査の結果、最優秀賞と優秀賞を決定しました。

jyusyousakuhin 

冊子“信州の木”建築賞 の~審査委員会 審査経過及び講評~ より抜粋

  最優秀作は、在来軸組構法による高齢者福祉施設で、評価項目のいずれについても、審査委員を納得させるに足る内容のものであり、全員一致で最優秀作を選定した。 つまり、建物、空間の構成はもちろんのこと、建設に至るまでの経緯、材料の調達、日本農林規格の製材品、いわゆるJAS材を確保するための努力、そしてエネルギー利用など、様々な視点から高評価を得た。

 優秀作は2点であり、鉄筋コンクリートと集成材の混構造の農産物等直売施設と木質化の劇場・美術館を選定した。
 混構造建物の外周部の傾斜した柱の配し方や断面構成はやきわめて繊細なもので、開放的な空間は魅力的である。そして、これを実現した背景には鉄筋コンクリート造の独立壁との組み合わせがある。木造の軽量化を良く表した好事例といえる。
 木質化の劇場・美術館は木材の大規模建築への利用として、昨今様々な木質化がみられるなか、曲線的な回廊と木材の組合わせ、さらに木材で仕上げられたホールは木材の良さを存分に発揮しているものとして選定された。

 

・受賞作品と応募作品をまとめた冊子“信州の木”建築賞(PDF版)は(ファイル1,ファイル2)をダウンロードしてください。

 hyousi

・ファイル1(表紙~13ページ)(PDF:8,002KB)

・ファイル2(14ページ~裏表紙)(PDF:8,291KB)

【表 彰 式】

  日時  11月21日(月) 午後1時~3時30分

  場所  飯山市文化交流館「なちゅら」

       表彰式  木製表彰楯を受賞者に授与

       受賞3作品プレゼンテーション

       講 演  「地域材を活かした中層大規模木造の現在と未来」

              京都大学生存圏研究所  五十田 博 教授

       ・表彰式プレスリリース(PDF:440KB)


 

 お問い合わせ

〒380-8570

長野市大字南長野字幅下692-2

長野県 建設部 建築住宅課内

「”信州の木”建築賞」事務局 (担当:川島、米倉、美谷島)

TEL 026-235-7331

FAX 026-235-7479

E-mail kenchiku@pref.nagano.lg.jp

 

今年度へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部建築住宅課

電話番号:026-235-7331

ファックス:026-235-7479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?