ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県の組織一覧(本庁) > 建築住宅課紹介 > 平成30年度”信州の木”建築賞の作品を募集します

ここから本文です。

更新日:2018年7月18日

平成30年度 “信州の木”建築賞 の作品を募集します

   長野県の森林は資源としての本格的な利用の段階を迎えており、地球温暖化防止や地域内で経済が循環する自立的な構造を構築するため、木材を建築物に積極的に活用することが求められています。

“信州の木”建築賞は、優秀な建築物を表彰することにより、木造建築に携わる技術者等のスキルアップを図るとともに、広く県民に木造建築の魅力を発信し、その普及に寄与することを目的として、平成28年度に創設しました。 

  本年度は下記により募集します。

主 催 ・ 後 援

 主  催  長 野 県

 後  援  一般社団法人長野県建築士会 、 一般社団法人長野県建築士事務所協会

        公益社団法人日本建築家協会長野県クラブ 、 信州建築構造協会

        長野県木材協同組合連合会

募 集 期 間

 平成30年7月10日(火)~8月17日(金)

 ※応募締切は平成30年8月17日(金)【当日消印有効】です。

募 集 作 品

  • 建 設 地  長野県内
  • 構    造  

    ① 木造建築物(主要構造部である柱、梁及び桁等の全てに木材を利用したもの

    ② 木質化等を図った木造以外の構造の建築物(主要構造部以外の仕上材等に木を多用したもの)

    ③ 木造と木造以外の混構造の建築物(主要構造部である柱・梁及び桁等に木材を多用したもの)           

 

  • 規  模     延べ床面積500㎡未満の建築物
  • 用  途    

    店舗、事務所、地区公民館、診療所等、広く県民の方々が利用する施設

    (住宅は対象となりませんので御留意ください。なお、延べ床面積の過半以上が非住宅の

    併用住宅は対象とします)       

  • 建築時期

    イ. 平成22年6月1日から平成30年5月31日の間に新築工事が竣工した上記 ①~③の

     構造の建築物

    ロ. 昭和56年以降(新耐震)に建築された上記①~③の構造の建築物(昭和20年から55年

     (旧耐震)に建築された建築物のうち、耐震改修工事等を実施済みのものを含む)で、

     平成元年から30年5月31日までにリフォーム・リノベ―ション工事を実施したもの。

応 募 資 格

 次のいずれかの方とします。

 応募作品の建築主、設計者又は工事施工者(設計者等が複数の場合は連名の応募もできます)

  ※応募に当たっては、建築主、設計者及び工事施工者の同意の上で申し込んでください

表    彰

  賞

    最優秀賞 ・・・・・ 1作品

    優 秀 賞 ・・・・・ 2~3作品

 表彰・公表

   記念の木製盾を贈呈して表彰します。

   応募作品は、長野県のホームページに掲載します。

 表彰式・受賞者プレゼンテーション

   表彰式を平成30年11月下旬に行います。

   (11月16日(金) 上田市サントミューゼ小ホールを予定)

   表彰式では、受賞者の皆様に、作品について約10分間のプレゼンテーションをお願いする予定です。

審   査 

審査委員(敬称略)

審査委員長  五十田  博   京都大学生存圏研究所 教授

審 査 委 員   荒井   洋     公益社団法人日本建築家協会長野県クラブ

         場々  洋介  一般社団法人長野県建築士会

         宮崎  正毅  長野県木材協同組合連合会

         山辺  豊彦  信州建築構造協会 顧問

         横山  泰彦  一般社団法人長野県建築士事務所協会

          (五十音順)        

 

審査基準

  • 地域の事業者や技能者が主体となり、木造建築物の保存や発展に寄与しているもの。
  • 新築時及び改修時に木造建築物の構造性能、防耐火性能向上等に創意工夫を凝らしたもの。
  • デザインに優れ、地域の文化や風土、まちなみや周辺の景観と調和がとれているもの。
  • 環境負荷の低減に配慮・省エネルギー化への取組や提案がなされているもの。
  • その他、県産木材を積極的に活用するなど、その特徴や良さが長野県における木造建築物として模範となるようなもの。 

     《※上記の項目などを評価対象とし、総合的に審査を実施します。》

 審査方法

〇 一次審査〈書類選考〉 8月下旬

   「応募書類」による書類選考を行ない、二次審査対象作品を選出します。

〇 二次審査〈現地審査〉 9月下旬

   二次審査対象作品の現地審査を行います。

   なお、応募者に現地で審査対象作品の説明を求めます。

〇 受賞作品の決定    10月上旬

応 募 方 法

応募書類

  •  所定の「応募概要書(A4サイズ 2頁)」に必要事項を記入し、次の書類等を添付して、郵送(宅配便可)又は持参してください。また、応募書類は保護のためにクリアホルダーに収納してください。
  • 応募シート1(A3サイズ1頁):設計図(配置図、平面図、必要に応じて立面図、断面図等を表現したもの。)を貼付
  • 応募シート2(A3サイズ1頁):写真L版6枚程度を貼付(画像データでも可) ※写真内容についてコメントを入れてください。
  • 応募概要書、応募シート1・2 は片側を綴じ、表紙(A4サイズ)に作品名称のみを記載し、10部提出してください。
  • 応募概要書、応募シート1・2 をPDF形式としたファイルを、CD-ROM等により提出してください。

 応募書類ダウンロード

応募概要書(エクセル:18KB)

応募シート1・2(エクセル:18KB)

平成30年度”信州の木”建築賞応募要項(PDF:234KB)

 

注意事項

  • 送料は応募者負担となります。送料が受取人払いのものは受領できません。
  • 応募締切は平成30年8月17日(金)【消印有効】です。
  • 郵送中の破損、遅延等については応募者の責任とします。
  • 図面等の縮尺、紙質、色は自由とします。パネル化はしないでください。また、追加された応募シートは無効となりますので、応募シート1及び2の2枚の中で表現してください。
  • 使用言語は日本語のみとします。
  • 応募書類等は、返却いたしません。また建築住宅行政の啓発活動のために利用させていただく場合がありますので、御理解、御協力をお願いします。
  • 応募書類に記載の情報・写真についての公共印刷物(応募作品集、長野県ホームページ等)への使用権は、主催者に帰属します。写真などについて、著作権等の問題が生じないよう提出前に必要な手続きを済ませてください。
  • 一次審査通過作品には現地審査資料として、写真や図面等の追加書類を求めることがあります。
  • 現地審査では建物内部も審査します。なお、現地審査は事務局が指定する日となります。
  • 募集要領に記載されている要件、注意事項等に適合していない応募については、審査対象となりませんのでご注意ください。
  • 作品の応募については、複数応募していただいて支障ありません。(作品ごとに応募してください)・応募されました作品の1次審査の結果については、指定されたメールアドレスあてに通知します。(9月上旬頃予定)
  • 本選考に係る審査の過程は、非公表とします。

お問い合わせ・応募書類送付先

 〒380-8570

 長野市大字南長野字幅下692-2

 長野県 建設部 建築住宅課内  

 「“信州の木”建築賞」事務局 (担当:塩入、美谷島)

 TEL 026-235-7331  FAX 026-235-7479

 E-mail kenchiku@pref.nagano.lg.jp

 

 作品募集リーフレット(PDF:686KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部建築住宅課

電話番号:026-235-7331

ファックス:026-235-7479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • さわやか信州旅ネット(観光機構)
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)