ホーム > 暮らし・環境 > 住まい・景観 > 施策・計画(住まい・景観) > 高齢者居住安定確保計画(2018~2023)

ここから本文です。

更新日:2018年9月25日

長野県高齢者居住安定確保計画(2018年度(平成30年度)~2023年度)

~高齢者が安心ですこやかに、自分らしく住み慣れた地域で暮らす住まいの実現~

 今後の一層の高齢化の進展を見据え、高齢期となっても、住み慣れた地域や住宅で、安全・安心に暮らしていくための、住まい(ハード)とサービス(ソフト)を一体的に捉え、住宅分野と福祉分野が連携し、高齢者の住まいに係る施策を総合的、計画的に推進するため、長野県高齢者居住安定確保計画を策定しました。

長野県高齢者居住安定確保計画

 ・長野県高齢者居住安定確保計画 全文(PDF:2,203KB)

 基本目標

 「高齢者が安心ですこやかに、自分らしく住み慣れた地域で暮らす住まいの実現」

 視点(目標実現に向けての着眼点)

1 自分らしく暮らす

2 住み慣れた地域で暮らす

 施策の方向性

【一人ひとりのニーズに応じた多様な施設・住まいの創出】

【提供されるサービス等の充実】

策定経過等

 【パブリックコメントに寄せられた意見に対する県の考え】

 平成30年8月9日から9月7日の間に実施したパブリックコメントに寄せられた意見に対する県の考え方は次のとおりです。パブリックコメントに寄せられた意見に対する県の考え(PDF:118KB)

長野県住宅審議会の審議状況

長野県高齢者居住安定確保計画(平成24年度~平成29年度)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部建築住宅課

電話番号:026-235-7339

ファックス:026-235-7479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?