ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和4年(2022年)10月プレスリリース資料 > ~信州スタートアップ・承継支援ファンド 投資第1号~ 株式会社Contactに投資実行がされました

ここから本文です。

更新日:2022年10月6日

~信州スタートアップ・承継支援ファンド 投資第1号~ 株式会社Contactに投資実行がされました

長野県(産業労働部)プレスリリース令和4年(2022年)10月6日

本年4月に長野県や県内金融機関等が官民連携により設立した「信州スタートアップ・承継支援ファンド」(運営:フューチャーベンチャーキャピタル株式会社)が、投資第1号案件として、眼科に特化した採用、マーケティング支援に取り組む株式会社Contact(北佐久郡軽井沢町)に投資実行したのでお知らせします。

株式会社Contactについて

同社は、眼科に特化した求人プラットフォーム「Contactキャリア」https://contact.ne.jp及びオウンドメディア「Contactメディア」https://contact.ne.jp/mediaを開発・運営し、眼科医と眼科メディカルスタッフ(視能訓練士, 看護師等)を繋ぐプラットフォームに取り組む信州発スタートアップです。眼科専門の検査技師である「視能訓練士」は、業界内で約2.3万人不足(同社調べ)しており採用ニーズが高まっていると言われています。その一方で、視能訓練士がインターネット等で閲覧できる求人情報が乏しく、就職活動が困難な状況にあります。同社は、眼科医と視能訓練士が勤務先に満足し、働ける社会を目指しています。

contact

(1)商号                  株式会社Contact
(2)代表取締役     依田 龍之介
(3)本社所在地     北佐久郡軽井沢町長倉2809-1
(4)設立日            2022年1月
(5)企業情報           別添資料のとおり
(6)URL      https://corp.contact.ne.jp/                     

信州スタートアップ・承継支援ファンド(信州SSファンド)について

長野県及び県と連携協定を締結しているフューチャーベンチャーキャピタル株式会社(本社:京都府、代表取締役:金 武 偉)、県内の金融機関等が連携し、創業及び事業承継支援を目的とした「信州スタートアップ・承継支援ファンド」を本年4月1日に設立しました。

ファンド総額

7億7百万円

有限責任組合員

八十二サステナビリティ1号投資事業有限責任組合、株式会社長野銀行、長野信用金庫、松本信用金庫、上田信用金庫、諏訪信用金庫、飯田信用金庫、アルプス中央信用金庫、長野県信用組合、長野県信用農業協同組合連合会、長野県信用保証協会 (順不同)

無限責任組合員

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社

運用期間

令和4年(2022年)4月1日~令和14年(2032年)3月31日

投資対象

県内に本社又は主要な拠点を置く株式会社で創業期の企業、事業承継を必要とする企業等

県公式HP

contact3contact2

https://www.pref.nagano.lg.jp/keieishien/sangyo/shokogyo/sogyo/shinshussf.html  

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業労働部経営・創業支援課

担当者名:(課長)滝沢 倫弘 (担当)田中 亮介

電話番号:026-235-7194

ファックス番号:026-235-7496

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?