ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和元年(2019年)10月プレスリリース資料 > 「SDGs活用販路開拓モデル創出事業」の実施者(補助対象者)を決定しました

ここから本文です。

更新日:2019年10月10日

「SDGs活用販路開拓モデル創出事業」の実施者(補助対象者)を決定しました

長野県(産業労働部)プレスリリース令和元年(2019年)10月10日

長野県では、持続可能な社会を実現するための開発目標(以下「SDGs」)の達成に資する製品・役務の販路開拓を行う事業(モデル事業)について、以下の5事業者を採択しました。

1 事業者

(五十音順)

事業者名 テーマ
齋藤木材工業株式会社 県産カラマツ材を使った集成材「信州唐松丸」の販売促進
株式会社 山翠舎 古木インテリア・ショールーム兼SDGs交流スペースの設置
信州吉野電機株式会社 生分解性プラスチック製ゴルフティーの商品開発及び販路開拓
株式会社 長野車体 車椅子乗降装置の開発及び製造販売
株式会社 水島紙店 手提屋(てさげや)「紙袋プロジェクト」

2 内容

・SDGsの達成に資する製品・役務の販路開拓を行う上記テーマの事業経費の一部を補助(経費の2分の1以内を県が補助、補助上限額100万円)
・上記テーマの取組に対して、「SDGsを活用したビジネスモデル普及事業」の受託事業者(MS&ADインターリスク総研株式会社)が伴走型支援を実施

 

 

 

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業労働部産業立地・経営支援課

担当者名:(課長)小林真人(担当)太田伸幸、大林光

電話番号:026-235-7195

ファックス番号:026-235-7496

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?