ホーム > 仕事・産業・観光 > 商工業 > 新型コロナウイルス感染症に伴う中小企業者向けポータルサイト > コロナ特別対応型持続化支援事業

ここから本文です。

更新日:2020年8月5日

コロナ特別対応型持続化支援事業

 「新しい生活様式」に適応した事業形態への転換を促進するため、国の持続化補助金(コロナ特別対応型)を拡充(県による補助金の上乗せ)し、地域の事業者の取組を支援します。

1 小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)<国制度>

新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるために、小規模事業者等が地域の商工会または商工会議所の助言等を受けて作成した経営計画に基づき、サプライチェーンの構築、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備に取り組む費用の一部を補助するものです。

<補助対象事業の類型>
類型A:サプライチェーンの毀損への対応
 顧客への製品供給を継続するために必要な設備投資や製品開発を行うこと。
類型B:非対面型ビジネスモデルへの転換
 非対面・遠隔でサービス提供するためのビジネスモデルへ転換するための設備・システム投資を行うこと。
類型C:テレワーク環境の整備
 従業員がテレワークを実践できるような環境を整備すること。

2 補助の内容

 (1)対象者 国が実施する小規模事業者持続化補助金の交付決定を受け、補助事業を実施する者(ただし、コロナ特別対応型に限る)
 (2)補助率 9/10以内(国と県の補助率の合計) ※事業再開枠を除く
 (3)上限額 135万円(国100万円、県35万円)  ※特例事業者を除く

3 事業の開始日

 第1回公募分(令和2年5月1日~5月15日)、第2回公募分(~6月5日)、第3回公募分(~8月7日)、第4回公募分(~10月2日)まで対象となります。
 ※商工会議所、商工会を通じて、上乗せ補助を実施しますので、持続化補助金(コロナ特別対応型)の申請の際は、持続化補助金の事務局への提出と併せて、必ず、商工会議所、商工会に当該申請書類をご提出ください。

4 事業者の皆様へ

 適切な感染防止対策を検討・実施していただくため、持続化補助金(コロナ特別対応型)とともに、本事業をご活用ください。
 なお、申請にあたっては、最寄りの商工会議所、商工会へご相談ください。(国の補助金額に県から上乗せを行うため、県への個別の申請は不要です。)
 ※上乗せ補助を受けるためには、令和3年2月までに持続化補助金(コロナ特別対応型)の額の確定通知書等を商工会議所、商工会へご提出いただく必要があります。

5 お問合せ

・持続化補助金(コロナ特別対応型)     全国商工会連合会 03-6670-3960
                      日本商工会議所  03-6447-5485
<公募ページ>
 長野県商工会連合会  公募案内のページ(別ウィンドウで外部サイトが開きます)
 日本商工会議所    公募案内のページ(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

・コロナ特別対応型持続化支援事業(上乗せ補助) 県産業立地・経営支援課 026-235-7195
                        又は、最寄りの商工会議所、商工会

 

お問い合わせ

所属課室:産業労働部産業立地・経営支援課

電話番号:026-235-7195

ファックス番号:026-235-7496

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?