ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症対策 総合サイト > 新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種について > 長野県の基本的な考え方等

ここから本文です。

更新日:2022年10月31日

長野県の基本的な考え方と今後の進め方

実施主体である市町村と、医師会・歯科医師会・薬剤師会・看護協会、県がオール信州で推進体制を構築します。

追加(4回目)接種について

4回目接種の概要

  • 目的:重症化予防
  • 接種間隔:3回目接種から5か月経過後
  • 対象者:①60歳以上の者、②18歳以上60歳未満で「基礎疾患を有する方や重症化リスクが高いと医師が認める方」「医療従事者等及び高齢者施設等の従事者」
  • 使用ワクチン:モデルナ社製又はファイザー社製

長野県の方針

接種対象者への勧奨

重症化予防を目的として、接種対象者へ積極的な接種を勧める。

接種時期

人との接触機会が増えるお盆までに、可能な限り多くの対象者へ接種を進める。

ワクチンの配分

県から市町村へのワクチンの配分は、3回目接種の実績に基づき、国から示されるワクチンの種類ごとの比率に応じて行うことを基本とするが、接種状況を見ながら調整を行う。

接種体制

ワクチンの活用

供給されるワクチンは、約8割がモデルナ社製となることから、モデルナ社製ワクチンを中心とした接種とする。ファイザー社製ワクチンについては、3回目接種の余剰分も含め、必要に応じて接種促進に活用する。

速やかな接種機会の提供

3回目接種から5か月経過後速やかに接種できるよう、接種券を送付する。

高齢者施設等における巡回接種

対象者へ速やかに接種を行う観点から、予め高齢者施設等へ嘱託医等による巡回接種の積極的な実施について依頼する。また、嘱託医等がいない施設等でも円滑に実施できるよう医療関係団体等へ施設への協力を依頼する。

基礎疾患を有する者等への対応

市町村は、基礎疾患を有する者等が確実に接種できるよう、申請による接種券発行の簡素化、接種券なし接種、これまでの接種実績に基づく対象者の把握、かかりつけ医等からの接種勧奨など、地域の実情に合わせた様々な工夫を行う。

市町村ごとの接種券発行方法はこちら

長野県の支援
  • 県接種会場での接種

市町村接種を補完するため、モデルナ社製ワクチンを活用した県の接種会場を10広域に設置することを基本に、圏域ごとにその必要性や接種規模等を協議。使用するモデルナ社製ワクチンは3回目接種の余剰分を用いることを基本とし、必要に応じて市町村から融通。

  • 広報等

4回目接種を住民が安心して接種できるよう、追加接種の必要性、効果や副反応等について、市町村や医療関係団体等と連携し効果的な情報発信に取り組む。

  • その他の支援

県は、市町村の接種が円滑に遂行されるよう、ワクチンの配分・調整、医療従事者の派遣、高齢者施設等への巡回接種や市町村間の調整など必要な補完及び支援を行う。

その他

この「新型コロナワクチン追加(4回目)接種の進め方」については、今後の国の動向等を踏まえ、必要な見直しを随時行う。

初回(1・2回目)接種/追加(3回目)接種について

追加(3回目)接種

  • 対象となるすべての方について、2回目接種から5か月経過後から可能な限りすみやかに接種を行います。

  • おおむね次の順番で接種を行います。※地域の実情によって変わる場合もあります。

(1)医療従事者等、高齢者施設等の従事者
(2)高齢者施設等の入所者 ・病院及び有床診療所の 長期 入院患者
(3)通所サービス事業所の利用者
(4)一般の高齢者
(5)その他一般の方(エッセンシャルワーカーを優先)

  • 県は市町村の接種を補完するため、次の支援を実施します

モデルナ社製ワクチンを活用した接種会場を設置します。詳しくはこちら

ワクチンの配分、医療従事者の派遣や巡回接種、市町村間の様々な調整などの支援を行います。

追加接種及び交互接種の必要性、効果や副反応等について、正確な情報発信に取り組みます。

初回(1・2回目)接種

  • 感染拡大防止及び重症化予防の観点から、より多くの方へ接種が進むよう取り組み、新たに希望する方の接種機会を確保します。
  • 特に、若い世代や接種に関する情報が届きにくい外国人等に対して、接種が促進されるよう取り組みます。

小児(5~11歳)への初回接種

  • 重症化リスクの高い基礎疾患のある児等※には速やかな接種機会を提供するとともに、接種を勧めます。
  • そのうえで、上記以外の小児についても、希望者ができるだけ早期に接種を受けられる体制を整備します。

※基礎疾患のある児等

ア.基礎疾患を有する児

基礎疾患の例示

(1)慢性呼吸器疾患 (2)慢性心疾患 (3)慢性腎疾患 (4)神経・筋疾患 (5)血液疾患 (6)糖尿病・代謝性疾患 (7)悪性腫瘍 (8)関節リウマチ・膠原病 (9)内分泌疾患 (10)消化器疾患・肝疾患 (11)HIV感染症・その他の疾患や治療に伴う免疫抑制状態 (12)高度肥満

イ.上記アの児と同居する児(きょうだい等)

ウ.その他主治医が必要と認める児

  • 先行して配分される8箱(400人分)を小児中核病院(信州大学医学部付属病院、長野県立こども病院)へ配分し、入通院している者への先行接種を行います。
  • こども病院では当面の間、入通院児以外で、地域の主治医から紹介を受けた基礎疾患を有する児への接種も行います。
  • 市町村は、医師会等の協力のもと、地域ごとの小児医療体制を勘案しながら体制を構築します。

(参考)国が示すワクチン接種の概要

詳細は、厚生労働省HPをご確認ください。

お問い合わせ

健康福祉部ワクチン接種体制整備室

電話番号:026-235-7353

ファックス:026-235-7334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)