ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症対策 総合サイト > 新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種について > 教えて!!新型コロナウイルスワクチン > 11歳以下のお子様(乳幼児・小児)への新型コロナワクチン接種について

ここから本文です。

更新日:2022年10月28日

11歳以下のお子様(乳幼児・小児)への新型コロナワクチン接種について

接種の概要について

baby child qa

 

※上記ボタンからそれぞれの概要をご覧いただけます

メッセージ ~生後6か月から11歳のお子様の保護者のみなさまへ~

R4.10 長野県新型コロナウイルスワクチン接種アドバイザーチーム

  • 新型コロナワクチンは、生後6か月のお子様から接種を受けられます。
  • 発症・重症化予防のため、接種を推奨しますが、ワクチン接種のメリットとデメリット(PDF:785KB)を踏まえて、ご家族で十分話し合ってください。その上で、ワクチン接種を受けるかどうか決めましょう。
  • 特に、「基礎疾患(※1)を有するお子様とその同居のお子様(きょうだい等)、かかりつけ医が接種をすすめるお子様」には、接種を強く推奨します。
  • 4歳以下のお子様は、間隔を空けて3回の接種が必要です。国が定める期間内(※2)に接種を完了するため、令和5年1月13日までに1回目の接種をご検討ください。なお、接種の前後2週間はインフルエンザ以外の他のワクチンは接種できませんので、他の定期接種のスケジュールに影響がでないように新型コロナワクチンを計画してください。

※1 基礎疾患の例示

①慢性呼吸器疾患 ②慢性心疾患 ③慢性腎疾患 ④神経・筋疾患⑤血液疾患 ⑥糖尿病・代謝性疾患 ⑦悪性腫瘍 ⑧関節リウマチ・膠原病

⑨内分泌疾患 ⑩消化器疾患・肝疾患⑪HIV感染症・その他の疾患や治療に伴う免疫抑制状態 ⑫高度肥満

※2 新型コロナワクチンを無料で接種することができる期間(予防接種法上の特例臨時接種期間)は、現時点で令和5年3月31日までとなっています

  • ご家族で相談しても決められない場合や不安な場合は、かかりつけ医に相談しましょう。
  • 他の予防接種の日程など、ワクチン接種の計画が難しい場合は、かかりつけ医か市町村に相談しましょう。
  • 何らかの理由でワクチン接種をしない人に対する差別はやめましょう。
ワクチンを受けた人も、今までのように、手洗い・消毒、マスク、三密の回避などの感染予防対策を続けましょう。

 

メッセージのPDFはこちら(PDF:843KB)

参考リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部ワクチン接種体制整備室

電話番号:026-235-7353

ファックス:026-235-7334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?