ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症対策 総合サイト > 新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種について > 教えて!!新型コロナウイルスワクチン > 乳幼児(生後6か月から4歳)への新型コロナワクチン接種について 

ここから本文です。

更新日:2022年10月28日

乳幼児(生後6か月から4歳)への新型コロナワクチン接種について 

 接種の対象と使用するワクチン、接種間隔

接種対象

  • 生後6か月から4歳の方

使用するワクチン、接種間隔

 

初回接種

ワクチン※1

ファイザー社(生後6か月から4歳用)
接種回数 3回で1セット(1回0.2mL)

接種間隔※2

【2回目接種】1回目接種から、通常、3週間
【3回目接種】2回目接種から、8週間以上

※1…初回接種については、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に4歳だったお子様が、3回目の接種時までに5歳の誕生日を迎えた場合、3回目接種にも1回目と同じ乳幼児(6か月~4歳)用ワクチンを使用します。

※2…1回目の接種からの間隔が3週間を超えた場合または2回目の接種からの間隔が8週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目または3回目の接種を受けてください。

接種を受ける際の費用、接種できる期間

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

なお、新型コロナワクチンを無料で接種できる期間(予防接種法上の特例臨時接種期間)は、現時点で令和5年3月31日までとなっています。

他のワクチンとの接種間隔

  • インフルエンザワクチンは、新型コロナワクチンと同じ日に接種を受けることができます。
  • 前後にインフルエンザ以外の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空けてください。

 接種の準備から接種完了まで

接種を受けるための手続き

以下のような方法で接種を受けることになります。手続きは、保護者(親権者または後見人)の方とご本人(お子様)とご一緒に行ってください。

(1)接種の時期より前に、市町村から「接種券」と「新型コロナワクチン接種のお知らせ」が届きます。
(2)ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場をお探しください。(接種が受けられる場所を参照)
(3)電話やインターネットで予約をしてください。
※自治体及び接種会場等により、2回目接種・3回目接種の予約方法が異なります。詳しくは、1回目の予約時にご確認ください。

接種当日のご注意

  • 予診・接種に同席ができる保護者(親権者または後見人)の同伴が必要です。
    ※保護者が特段の理由で同伴することができない場合は、お子様の健康状態を普段から熟知する親族等で適切な方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能です。
  • 当日は、すぐに肩または太ももを出せる服装で来てください。特に、1歳未満のお子様の場合は太ももに接種をしますので、服装の工夫をしてください。
  • 37.5度以上の発熱や、体調不良の場合は、ワクチン接種を受けられません。予約先にお電話で取消のご連絡をお願いいたします。

忘れずにお持ちください。

  • 本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証等)
  • 市町村より郵送されてきた封筒(接種券や予診票が送られてきた封筒)の中身一式

可能な限りお持ちください。

  • 母子健康手帳(接種を受けるお子様の接種履歴を管理しているため)

接種後のご注意

接種を受けた日は、激しい運動は控えてください。入浴は可能ですが、接種部分を強く擦ったりしないようにしてください。接種後、体内で新型コロナウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状が現れることがあります。

大部分は12歳以上のワクチン接種後のものと同様に、数日以内に回復していきますが、特に小さなお子様の場合、おうちの方が様子を観察し、症状に合わせた対応をとっていただくことが大切です。

息苦しそうにしている、むくんでいる、食欲がない、元気がない等普段と違う様子がつづくようであれば、速やかに医療機関を受診させてください。

  • ワクチンを接種した後も、石けんでの手洗いや手指の消毒など、感染予防対策の継続をお願いします。
  • ご家族で相談しても決められない場合や不安な場合は、かかりつけ医に相談しましょう。
  • 何らかの理由でワクチン接種をしない方に対する差別はやめましょう。

 ワクチン接種のメリット・デメリット

新型コロナウイルスに感染すると?

「重症化する可能性は低いが、感染者数の増加により重症化する人数は増えています

  • オミクロン株流行期において、新規感染者のうち10代未満は2割を占めています。
  • 重症例や死亡例の割合は高齢者に比べて低いですが、感染者数が増加することで重症化するお子様の人数も増加する傾向にあります。
  • 17歳以下の小児の重症・中等症の年齢別割合では、5歳未満が約6割を占めており、疾患としては「急性脳症」「熱性けいれん」などの神経合併症の割合が高いという報告があります。※1
メリット

「発症を予防する効果」が期待されます

オミクロン株流行期において、3回目接種後7日以降、73.2%の発症予防効果が報告されています。※2

※現時点では直接的な重症化予防効果を証明した研究は示されていません。乳幼児はそもそも重症化しにくいため、ワクチンの重症化予防効果は表れにくいですが、一般的には患者数が増えれば重症患者も増えるため、発症予防は結果的に重症者数の減少に繋がる可能性があります。

デメリット

接種後に副反応が出る可能性があります

  • 接種後、注射部位の痛み、だるさ、熱などの副反応はしばしば見られます。
  • インフルエンザなど従来お子様が受けるワクチンに比べ副反応の頻度は高いですが、ほとんどは2~3日以内に回復します。
  • これまでの国内外の小児接種のデータからは、重大な副反応の報告は見られていません。※3

ワクチン接種後、5歳以上と比べ以下の症状が多くみられます

  • 機嫌が悪くなる(51.2%)
    食欲がなくなる(22.2%)
    眠くなる(27.0%)
  • ほとんどの症状は軽度又は中等度であり、安全性に重大な懸念は認められていません。※2

 *( )内は発現割合

(※1)日本集中治療医学会・小児集中治療委員会新型コロナウイルス関連小児重症・中等症例発生状況速報

(※2)PMDA審査報告書/ファイザー社臨床試験

(※3)第34回厚生科学審議会(予防接種・ワクチン分科会)資料/米国疾病管理予防センター感染症情報 MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2022;71:1047 1051.

参考資料等

厚生労働省作成リーフレット

参考リンク

  • 厚生労働省ホームページ

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部ワクチン接種体制整備室

電話番号:026-235-7353

ファックス:026-235-7334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?