ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症対策 総合サイト > 新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種について > 長野県ワクチン接種会場における医療従事者等向けの追加接種

ここから本文です。

更新日:2022年1月21日

長野県ワクチン接種会場における医療従事者等向けの追加接種

現在受け付けている予約の空き状況(1月21日 9:00現在)

地区 東信会場 南信会場 中信会場 北信会場
会場

佐久合同庁舎

(佐久市)

エス・バード

(飯田市)

松本合同庁舎

(松本市)

ホテルメトロ

ポリタン長野

(長野市)

日程

空き状況

1/22(土)

約20枠

1/29(土)

約5枠

1/21(金)

約0枠

1/21(金)

約80枠

     

 

1/27(木)

約0枠

1/22(土)

約0枠

予約方法(インターネット予約)

医療従事者等向け接種の予約は、専用予約システムからの予約のみとなります。

専用予約システムから予約(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

【予約システムに登録した際に、システム側からの返送メールが届かない場合】

・迷惑メールフォルダに届いていないかご確認をお願いします。

・受信できていない場合は、他のアドレスでお試しください。

(フリーのメールアドレスでも登録することができます。)

 

【1つのIDで複数人を選択したい場合】

・ID登録の際に複数人の情報を登録してください。(画面上部「利用者登録」からも追加できます。)

・予約登録の画面で、予約したい方の氏名をプルダウンで選択していただき、ご予約ください。

(予約したい人数分の予約作業を繰り返し行う必要があります。)

 

【11名以上の登録を行いたい場合】

・1つのID(メールアドレス)からは10名分までの予約を行うことができます。

・11名以上の予約を行いたい場合は、追加でID登録をお願いします。

(フリーのメールアドレスで登録することができます。)

 

  • システムでの予約は接種希望日の2日前・17時までに予約申請が必要です。
  • 予約受付は先着順です。各会場の接種可能人数を超えた段階で予約ができなくなりますが、キャンセルなどで空き状況は変動しますので、随時ご確認ください。
  • 対象年齢に達していない場合は予約ができません。

ワクチン接種予約についてのお問合せはコールセンターまで

【長野県ワクチン接種会場運営事務局】

TEL 026-480-0400 (お電話が繋がりにくい場合もありますが、時間をおいて再度おかけ直しください。)

受付時間 9時30分~17時30分(土曜日は16時30分まで) ※日曜日・祝日は休業

年末年始は12/29~1/4まで休業となります。1/5以降にご連絡ください。

 

予約の変更・キャンセルについて

予約の変更・キャンセルについては、接種日の2日前までに専用予約システムから行ってください。それ以降は「長野県ワクチン接種会場運営事務局(電話 026-480-0400)」に直接お問い合わせください。

 

医療従事者・高齢者施設等従事者に向けた「接種券なし接種」について

予約手順

事前にWEB予約システムから希望者の予約をとってからお申込みください。

①施設単位で接種希望者を取りまとめて、施設担当者が上記専用予約システムから予約を行う。

※1つのメールアドレスで10名分予約することができます。それ以上となる場合は複数のメールアドレスをご用意ください。

②予約した接種希望者の中で接種券がない人をとりまとめ、施設担当者が「接種券なし接種者リスト」を作成し、接種日前日の正午までに県ワクチン接種体制整備室まで送信する。

「接種券なし接種者リスト」はこちら(エクセル:11KB)よりダウンロードできます。

送信先:県ワクチン接種体制整備室 corona-vaccine@pref.nagano.lg.jp

※件名に「接種券なし接種者リストの送付について」と記載してください。

※1月14日分のリスト提出は1月14日の午前中に送信してください。

 

③接種希望者は、当日会場の書類確認で接種券なしであることを伝えて接種を受ける。

※初回接種の接種日を確認する必要があるので、必ず1・2回目接種の接種済証等をお持ちください。

④後日市町村から接種券が届き次第、速やかに施設担当者が回収して県ワクチン接種体制整備室に送付する。

※接種券一体型予診票の場合は、会場で渡されたコピーを参考に、必ず内容を転記したうえで提出してください。

注意事項

(1)施設単位での申込みとなります。(個人での申込みは受け付けていませんので、ご注意ください。)

(2)接種券が送付され次第、接種券を確実に回収できる施設に限ります。施設担当者は、接種券が送付された者の接種券(接種券一体型予診票)を取りまとめ、速やかに県ワクチン接種体制整備室へ送付ください。

(3)Web申込みをされても、「接種券なし接種者リスト」が届いていない場合は接種券なしでは接種できません。

 

使用するワクチン

武田/モデルナ社製ワクチン

対象者

○ 自院接種等で追加接種の予約が取れていない医療従事者等

○ 接種間隔前倒しの対象となった高齢者施設等従事者

※接種日時点で18歳以上の方が対象です。

※2回目接種日から6か月以上経過している必要があります。

※市町村から発行された追加接種用の接種券が必要となります。

 

・医療従事者等の範囲

○病院、診療所において、新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者(注を含む。以下同じ。)に頻繁に接する 機会のある医師その他の職員

※診療科、職種は限定しない。 (歯科も含まれる)
※委託業者についても、業務の特性として、新型コロナウイルス感染症患者と頻繁に接する場合には、医療機関の判断により対象とできる。
※バックヤードのみの業務を行う職員や単に医療機関を出入りする業者で、新型コロナウイルス感染症患者と頻繁に接することがない場合には、対象とはならない。
※医学部生等の医療機関において実習を行う者については、実習の内容により、新型コロナウイルス感染症患者に頻繁に接する場合には、実習先となる医療機関の判断により対象とできる。
※訪問看護ステーションの従事者で、新型コロナウイルス感染症患者と頻繁に接する場合には、病院、診療所に準じて対象に含まれる。
※助産所の従事者で、新型コロナウイルス感染症患者と頻繁に接する場合には、病院、診療所に準じて対象に含まれる。
※介護医療院、介護老人保健施設の従事者についても、医療機関と同一敷地内にある場合には、医療機関の判断により対象とできる。 なお、介護療養型医療施設の従事者は、病院・診療所の従事者と同様に医療従事者等の範囲に含まれる。

○薬局において、新型コロナウイルス感染症患者に頻繁に接する機会のある薬剤師その他の職員(登録販売者を含む。)
※当該薬局が店舗販売業等と併設されている場合、薬剤師以外の職員については専ら薬局に従事するとともに、主に患者への応対を行う者に限る。
○新型コロナウイルス感染症患者を搬送する救急隊員等、海上保安庁職員、自衛隊職員
※救急隊員等 の具体的範囲は、 新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む。)の搬送に携わる以下の者である。
・ 救急隊員
・ 救急隊員と連携して出動する警防要員
・ 都道府県航空消防隊員
・ 消防非常備町村役場の職員
・ 消防団員 (主として消防非常備町村や消防常備市町村の離島区域の消防団員を想定)

○自治体等の新型コロナウイルス感染症対策業務において、新型コロナウイルス感染症患者に頻繁に接する業務を行う者
1 感染症対策業務
※以下のような業務に従事する者が含まれる。
・ 患者と接する業務を行う保健所職員、検疫所職員等  保健所、検疫所、国立感染症研究所の職員で、積極的疫学調査、患者からの 検体採取や患者の移送等の患者と接する業務を行う者
・ 宿泊療養施設で患者に頻繁に接する者   宿泊療養施設において、健康管理、生活支援の業務により、患者と頻繁に接する業務を行う者
・ 自宅、宿泊療養施設や医療機関の間の患者移送を行う者
2 予防接種業務
自治体が新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の特設会場を設ける場合については、当該特設会場は医療機関であることから、予防接種業務に従事する者であって、新型コロナウイルス感染症患者と頻繁に接すると当該特
設会場を設ける自治体が判断した者を 接種対象とすることができる。ただし、直接会場で予診や接種等を行う者を対象とし、単に被接種者の送迎や会場設営等を行う者等は含まない。
※予防接種 業務の従事者 が、高齢者への接種の実施時期に、ワクチンを接種していない 場合は、高齢者への接種の際に併せて接種することができる 。都道府県と市町村の調整が可能であり、市町村又は地元の医療機関での接種体制の構築ができる場合は、他の医療従事者等と同様に接種を行うことができる 。

 

・高齢者施設等の範囲

○介護保険施設
・ 介護老人福祉施設
・ 地域密着型介護老人福祉施設入所者
生活介護
・ 介護老人保健施設
・ 介護医療院

○居住系介護サービス
・ 特定施設入居者生活介護
・ 地域密着型特定施設入居者生活介護
・ 認知症対応型共同生活介護

○老人福祉法による施設
・ 養護老人ホーム
・ 軽費老人ホーム
・ 有料老人ホーム

○高齢者住まい法による住宅
・ サービス付き高齢者向け住宅

○生活保護法による保護施設
・ 救護施設
・ 更生施設
・ 宿所提供施設
○障害者総合支援法による障害者支援施設等
・ 障害者支援施設
・ 共同生活援助事業所
・ 重度障害者等包括支援事業所(共同生活援助を提供する場合に限る)
・ 福祉ホーム
○その他の社会福祉法等による施設
・ 社会福祉住居施設(日常生活支援住居施設を含む)
・ 生活困窮者・ホームレス自立支援センター
・ 生活困窮者一時宿泊施設
・ 原子爆弾被爆者養護ホーム
・ 生活支援ハウス
・ 婦人保護施設

・ 矯正施設 (※患者が発生した場合の処遇に従事する職員に限る)
・ 更生保護施設居

 

(※以下のサービス事業所等のうち通所によるサービスを提供する事業所)

(居宅サービス等(介護))
訪問介護、訪問入浴介護、訪問リハビリテーション、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、夜間対応型訪問介護、居宅療養管理指導、通所介護、地域密着型通所介護、療養通所介護、認知症対応型通所介護、通所リハビリテーション、短期入所生活介護、短期入所療養介護、小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能型居宅介護、福祉用具貸与 、 居宅介護支援

(注)各介護予防 サービス及び介護予防・日常生活支援総合事業(指定サービス・介護予防ケアマネジメント)を含む。

(訪問系サービス等(障害福祉))
居宅介護、重度訪問介護 、行動援護、 同行援護 、重度障害者等包括支援(訪問系サービス等を提供するもの)、自立生活援助、短期入所、生活介護 、 自立訓練(機能訓練・生活訓練) 、 就労移行支援 、 就労継続支援(A、B型) 、 就労定着支援 、計画相談支援 、 地域移行支援 、 地域定着支援

(注)地域生活支援事業(訪問入浴サービス、移動支援事業、意思疎通支援事業、専門性の高い意思疎通支援を行う者の派遣事業、地域活動支援センター、日中一時支援、盲人ホーム、生活訓練等、相談支援事業)を含む。

 

医療従事者等・高齢者施設等の詳細な範囲は「新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引き」(別ウィンドウで外部サイトが開きます)をご確認願います。(第6版 17p~23pに記載)

接種会場

県下4会場で実施

佐久合同庁舎(佐久市)、エス・バード(飯田市)、松本合同庁舎(松本市)、ホテルメトロポリタン長野(長野市)

接種日程

iryonittei

接種当日について

持ち物

  • 市町村から送付された追加接種用の接種券一体型予診票 もしくは追加接種用接種券

※接種券がない場合、接種を受けられません。発行についてはお住まいの市町村にお問合せください。

  • 市町村から送付された予防接種済証(臨時接種)
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等)
  • 2回目の接種日がわかる書類(初回接種の予防接種済証等)

  ※2回目接種日が追加接種用の予診票または予防接種済証に印字されていない場合必要となります。

  • お薬手帳(お持ちの方)
  • 母子手帳(妊娠されている方)

その他

  • お出かけ前にあらかじめ体温を測定し、明らかな発熱や体調不良の場合は接種を控えてください。
  • 現在病気で治療中の方、妊娠・授乳中の方、アレルギーのある方も基本的には接種が可能ですが、不安な場合はかかりつけ医とご相談の上、接種をご検討ください。
  • 災害やトラブル等により、接種会場を開設できない場合があります。この場合は速やかに長野県公式ホームページでお知らせしますので、ご確認の上お出かけください。ご心配の場合は、「長野県ワクチン接種会場運営事務局」まで直接ご連絡ください。

「長野県ワクチン接種会場運営事務局」

電話 026-480-0400

受付時間 9時30分~17時30分(土曜日は16時30分まで) ※日曜日・祝日・年末年始(12/29~1/4)は休業

 

備考

貴重なワクチンを有効に活用するため、市町村や医療機関が実施するワクチン接種との二重予約はご遠慮ください。

お問い合わせ

健康福祉部ワクチン接種体制整備室

※ワクチン接種の予約に係るお問合せは「長野県ワクチン接種会場運営事務局」(026-480-0400)までご連絡ください。

・感染症対策課ワクチン接種体制整備室
026-235-7234
※午前8:30~午後5:15(土日・祝日除く)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)