ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症対策 総合サイト > 新型コロナウイルス感染症対策について(相談窓口ページ) > 新型コロナウイルス感染症罹患後症状(後遺症)について

ここから本文です。

更新日:2022年5月11日

新型コロナウイルス感染症罹患後症状(後遺症)について

罹患後症状(後遺症)とは

 新型コロナウイルス感染症に感染して治療や療養の終了後も、倦怠感や咳などの症状が続いたり、新たに症状が出現することがあります。WHO(世界保健機関)の定義によると、「新型コロナウイルス感染症に罹患した人に見られ、少なくとも2カ月以上持続し、他の疾患による症状として説明がつかないもの」とされています。

代表的な症状

 代表的な症状として以下のものがあります。

全身症状 呼吸器症状 精神・神経症状 その他の症状

・倦怠感

・関節痛

・筋肉痛

 

 

kentaikan

・咳

・喀痰

・息切れ

・胸痛

 

seki

・記憶障害

・集中力低下

・不眠

・頭痛

・抑うつ

zutsuu

・嗅覚障害

・味覚障害

・動悸

・下痢

・腹痛

syuukaku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

罹患後症状(後遺症)の相談先について

 罹患後症状(後遺症)に関する相談、受診を希望される方は、受診・相談センター又は症状に応じたかかりつけ医へお問い合わせください。

 相談窓口一覧

参考資料

(医療機関向け情報)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部感染症対策課

電話番号:026-235-7148

ファックス:026-235-7170

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?