ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 飛騨信濃直流幹線新設工事事業に係る環境影響評価準備書について、知事の意見を通知しました

ここから本文です。

更新日:2017年2月20日

飛騨信濃直流幹線新設工事事業に係る環境影響評価準備書について知事の意見を通知しました

 長野県(環境部)プレスリリース 平成29年(2017年)2月20日

飛騨信濃直流幹線新設工事事業に係る環境影響評価準備書について、長野県環境影響評価条例第20条第1項の規定により、知事の意見を平成29年2月20日付けで事業者に通知しました。

1 事業の概要

事業者 東京電力パワーグリッド株式会社 代表取締役社長 武部俊郎
事業の種類・規模 電気工作物の建設(送電線路の設置)・電圧20万V、こう長(※)40km
事業実施区域 松本市、山形村及び朝日村

                                                 ※送電線の鉄塔間距離の合計

2 知事の意見

紙のとおり

※ 本事業の準備書については、長野県公式ホームページからご覧いただけます。
トップページ>暮らし・環境>環境保全>環境影響評価>長野県環境影響評価制度>長野県における環境影響評価対象事業の手続状況

http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/kurashi/kankyo/ekyohyoka/hyoka/tetsuzukichu/index.html

3 参考 

・ 準備書について

事業による環境への影響について、事業者が、自ら実施した調査、予測、評価の結果や、実施する環境保全のための措置などをとりまとめ、県、市町村、住民から環境保全の見地からの意見を聴くための準備として作成した文書です。

・ 知事の意見について

業者による環境の保全への配慮がより適切に行われるよう、準備書に対する長野県環境影響評価技術委員会の意見や、市町村、住民からの意見を考慮して述べる環境保全の見地からの知事の意見です。
お、事業者は知事の意見を受けて準備書の内容を検討し、必要な修正を行って評価書を作成します。

 

 

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

 

担当部署 環境部 環境政策課 環境審査係
担当者

(課長)林雅孝 (担当)寒河江淳

電話

026-236-7163(直通)

026-232-0111(代表)内線2781 

ファックス  026-235-7491
メール

 kankyo@pref.nagano.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境部環境政策課

電話番号:026-235-7163

ファックス番号:026-235-7491

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?